Brompton S2L-Xの軽量化 (1)

  1. Brompton S2L-Xの軽量化 (1) フェンダー
  2. Brompton S2L-Xの軽量化 (2) シートポスト・ハンドルバー
  3. Brompton S2L-Xの軽量化 (3) ハンドルグリップ

軽量化と言えばタミヤの前ちゃんというかミニ四ファイターが思い出されるアラフォーの私ですが、素のままでも軽いチタンモデルのS2L-Xの軽量化を進めていきたいと思います。

自転車の軽量化は、基本的にはより軽量なパーツへ交換するか、不要あるいは優先度の低いパーツを外してしまうことになります。という訳で、まず納車時点で前後のフェンダー (泥よけ)を外してもらいました。軽量化できましたが、雨の日や濡れた路面は走行できなくなりました。

なお、フェンダーを外した後には、折り畳み時に前輪を固定するフックと、ワイヤーがタイヤに干渉することを防ぐディスクを装着する必要があります。Bromptonの純正品があるようですが、今回はLOROさんお薦めのパーツを装着しました。

Brompton S2L-Xの軽量化 (1)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Brompton S2L-Xの軽量化 (3) | CB1300SBのある生活

  2. ピンバック: Brompton S2L-Xの軽量化 (2) | CB1300SBのある生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください