CB1300 SUPER FOUR

CB400SF Revoからの乗り換え、2台目です。2013年5月に注文して7月に納車されました。

PROJECT BIG-1の伝統を引き継ぐ、水冷4st DOHC 4バルブ4気筒エンジン搭載の「感動性能」なフラグシップモデル、CB1300 SUPER FOURのABSモデルです。 レッドカラーのモデルがなかったので、イタリアンレッドでタンク、フロントフェンダー、リアカウルを、マットブラックでサイドカバーを再塗装しました。施工したのはドリーム商会さんです。もちろんガラスコーティングも施してあります。

素体はグラファイトブラックモデルなので、リアショックのスプリングが赤ではなく黒です。タンクのエンブレムは20周年モデルと同じシルバーの立体ウィングエンブレム、サイドカバーのステッカーは現行モデルの金ではなく旧モデルの赤いものになっています。

CB1300SF ABS イタリアンレッド 道の駅オライ蓮沼にて

CB1300SF ABS イタリアンレッド 道の駅オライ蓮沼にて

CB1300SF ABS イタリアンレッド 道の駅八王子滝川にて

CB1300SF ABS イタリアンレッド 道の駅八王子滝川にて

CB1300SF サイドパーニア装着 奥多摩湖大麦代駐車場にて

CB1300SF サイドパーニア装着 奥多摩湖大麦代駐車場にて

CB400SFに装着していたグリップヒーターETC, ドラレコ代わりのGoPro HERO3 Black Editionは移し替え、設置済みだったUSB電源はシート下に移設して、ハンドルバーには新たに二個口のUSB電源を設置しました。ちなみにハンドルバーに取り付けていたRAMマウントのベースは外して、左右のハンドルバークランプにM8ボルト止めのボールに置き換えました。これでGoProとともにNexus 7をナビとして利用できるようになりました。

エンジンガードも付けたいのですが、CB400SFのもののような控え目なものがなく、現時点では装着していません。

夏場は暑さを軽減するメッシュシートカバーを装着しています (ゲルザブも用意してありますが、まだ利用したことがありません)。タンクパッドも貼りました。ツーリング時は必要に応じてシートバッグを装着していましたが、乗降が不便だったため、Hepco & BeckerのAlu Exclusivサイドケースを取り付けました。

CB1300 SUPER FOUR」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: イタリアンレッド オールペン | CB1300SFのある生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です