タグ別アーカイブ: security

風切り音を何とかしたい

耳栓を付けた人つい最近、ヘルメットをGT-AirからZ-7に変えた訳ですが、大きな問題が発生しています。それが、大きな風切り音です。

買い替え直後のビーナスラインツーリングでは、エアインテークをすべて開け、チンカーテンも装着せずに出掛けました。この時はもうシャレにならなかったです。口元のエアインテークを閉じることでヘルメット全体に響いていたノイズは比較的解消しました。が、喉元から入る空気によるノイズは当然解決しません。

で、今回の日光ツーリングが実質的に買い替え後2回目の長距離ツーリングでした。チンカーテンを装着することで、喉元から入る空気によるノイズは解消されました。この時点でだいぶノイズが小さくなったので一安心していたのですが、そうは問屋が下ろしませんでした。

特に速度を上げると耳の後ろ、特に左耳の後ろあたりでバタバタと大きな風切り音が発生してしまうのです。何時間もバタバタと音に晒されて、日光ツーリング初日に宿に到着した時には軽い難聴のような状態になってしまっていました。

この状況は健康にもよくありませんし、安全面でも不安があります。まずはZ-7の被り方を見直してみることにしました。浅めに被らず内装に頭を押し付けるぐらいに深く被り、ヘルメットを被った後に耳がしっかり隠れるよう内装の耳まわりを軽く引き出すようにすることで、50km/hぐらいまではかなりの静寂性を確保できるようになりました。これがZ-7本来の性能なのでしょう。

が、それでも高速道の乗ると元の木阿弥状態です。時間の経過とともに内装が元に戻ってしまうこともあるのかも知れませんが、やっぱり耳の後ろで大きな風切り音が発生してしまいます。

ざっと調べてみたところ、ノイズを低減するバイク用の耳栓があるではありませんか。法律的にちょっとグレーなところがあるような気がしないでもないですが、完全に耳穴を塞ぐ訳ではなく、風切り音やロードノイズなどのバイクに特有のノイズをカットし、音声や緊急車両のサイレンはしっかり聴こえるようになっているそうです。

そもそもの風切り音を無くする・小さくする、という根本的な解決策ではありませんが、結果的に耳へのダメージを小さくできて安全を確保できる方法なら何でもいい訳ですよね。ということで、次に出掛ける際はこの耳栓を使ってみようと考えています。

ヘルメット買い替え

愛用してきたヘルメットSHOEI GT-Airですが、色々とヘタってきました。具体的には

  • 内装(チークパッド)がヘタって
    • 風切り音が大きくなってきたような気がする
    • ヘルメットの保持力が下がってきたような気がする
  • 帽体やシールドの傷も増えた
  • ラチェットのゴムカバーが千切れて外れた
  • メーカーの言う耐用年数 (3年)を越えたかも
  • 微妙に男臭い

という感じです。シールドや内装は交換すれば済む話ではありますが、耐用年数を越えたのはどうしようもありませんので買い替えを決意しました。

買い替え候補になったのは、GT-AirとZ-7です。GT-Airと比べてZ-7は

  • ○なところ
    • 軽くて小さい
    • シールドが進化してる (?)
    • オプションに調光シールドがある
  • ×なところ
    • インナーバイザーがない
    • 調光シールドがお高い
    • チンストラップがラチェットではなくてD環

といったあたりでしょうか。インナーバイザーがない代わりに、紫外線量で透過率の変わる調光シールドがオプションにありますが、これが結構お高い。しかしまあ日中と晩とでシールドを交換したりバイザーを上げ下げしたりせずに、外の明るさに追従して自動的に透過率が変わるのは便利そうです。

一点、チンストラップがラチェットでなくなるのは残念ですが、Z-7に買い替えることにしました。近日中に配送されてくる予定です。

バイク用ドラレコ

ドライブレコーダー

CB1300SFに乗っていた頃は定番のアクションカム・GoPROをドラレコ代わりに使っていましたが、バッテリーの容量が小さくすぐ電池切れを起こすため、USB電源から充電をしながらの運用でした。防水ケースに穴を空けたりスケルトンケースを使わざるを得ない訳で、当然防水性が犠牲になっていた訳です。

防水性を気にせずバッテリー切れも意識せずに利用できるドラレコとなると、選択肢としては汎用のアクションカムではなくバイク専用のドラレコに絞られます。いくつかよさそうな製品がありますが、今回はアサヒリサーチのBS-8を購入しました。防塵防水性能はIP56相当、バッテリーの持ちは8時間、となればドラレコとして十分な性能です。

単体でヘルメットに取り付けられるようマウントも同梱されていますがこれは使わず、これまで通りにRAMマウントを使ってハンドルバーに設置することにしました。オプション品の三脚マウントが直販サイトにありますので、これとRAMマウントのカメラホルダを接続すればOKです。

本体のネオジム磁石で三脚マウントにガッチリ固定できます。録画開始はドラレコ上面の録画開始ボタンを長押しするだけの簡単操作です。今週末のツーリングでデビュー予定です。

続きを読む

ごろごろアンカーで地球ロック

地球ロックつい最近まで、バイクを契約している駐車場の柱に地球ロックしていたのですが、オーナーさんからNGが出てしまいました。そこで急遽ごろごろアンカーを注文しました。そしてこのアンカーが到着して1週間後、管理会社から地球ロック用のバーを設置する旨の連絡がありました。マジですか。

しかしここはよりセキュアになったとポジティブに捉えることにしましょう。前輪を超硬張鋼のチェーンで今回設置されたバーとごろごろアンカーに固定し、後輪はU字ロックを掛けています。前輪ロックだと前輪を外されて車体を盗難されるという話もあるようですが、ここは気にしない方向で。当面はこの体制で行こうと思います。