タグ別アーカイブ: road station

ビーナスライン ツーリング

美ヶ原高原から望む浅間山(?)

新しいヘルメットも届いたので、意気揚々と長野のビーナスラインへツーリングに出掛けました。

前日の晩は寝付くことができず、布団の上でゴロゴロしている間に03:00になってしまいました。おもむろに起き上がって準備をし、04:00に出発。未明の高速道は首都高よりも中央道、特に八王子以降の方が微妙に怖かったです。

そして八王子を過ぎたあたりから次第に寒くなってきました。普通に夏用の装備のみで防寒具を持参しなかったのは失敗でした。途中、談合坂SAで休憩。山梨へ入るとますます寒くなってきます。歌を歌ったりしながら寒さから気を紛らわせつつ、八ヶ岳PAで再度休憩。このPAを出発したあたりで雲行きが怪しくなってきます。進行方向に明らかに雨雲と分かる厚くて暗い雲が垂れ込めています。マジかよ。

悪態を付きながら進んでいったところ、雨雲の中に突入することなく韮崎ICに到着しました。目的地は諏訪ICですが、一旦ここで高速から降ります。なぜなら、首都圏ツーリングプランは、対象エリア内で乗り降りすることで初めてプラン対象となるのです。神田橋ICから諏訪ICまで一気に移動すると、東京IC〜韮崎ICを通過しただけになり、プラン対象でなくなります。それを防ぐため、対象エリア内の韮崎ICで一度高速を降り、同ICから再度高速道に戻ります。

相変わらず寒さに震えながら06:30頃に諏訪ICに到着。給油してからR20からR152へ入り、ビーナスラインです。

続きを読む

伊豆ツーリング

伊豆にある道の駅8箇所を巡るツーリングに出掛けてきました。

前日の夕方に小田原入りして一泊し、翌朝06:00に宿を出発。箱根ターンパイクから伊豆スカイラインに入る予定が誤って左折して湯河原パークウェイに入ってしまい、往復660円と時間をロス。伊豆スカイラインを悠々と自分のペースで流して一気に終点の天城高原料金所まで。

ターンパイクも伊豆スカイラインも確かに素晴しい眺望で、気持ちよく走ることができました。が、2輪・4輪を問わず、頭のネジが外れた連中が散見されました。なお、私が通過した2時間後にターンパイクではバイクとバイクの正面衝突で死亡事故が発生したそうです。こちらが安全運転していても相手がセンターラインを越えて来られちゃどうしようもありません。困ったものです。

続きを読む

富士山弾丸ツーリング

大室山西展望台からバイクに乗ることそれ自体が目的になりつつあるような気がしないでもないですが、先週末は富士山方面へツーリングへ出掛けました。

06:30に出発して、いつものように御殿場IC → 富士山スカイライン → r72 → r71 → R139、という流れですが、今回はいつもスルーしてしまう大室山の西展望台に寄って写真をパシャリ。本栖湖の向こうに見えるはずの南アルプスは雲の中でした。

道の駅なるさわの食堂でぜんどそばなる大根の千切り(刺身のつま的なアレ)が山盛りになったそばで朝食のような昼食を済ませ、道の駅富士吉田ではミックスソフトを食べて美味しい水を飲み、土産にふじやまビールのピルスナーを購入。

そのまま山中湖方面に進んでから東富士五胡道路に入り、そのまま中央道で帰りました。12:30に帰着。全行程6時間のまさに弾丸ツーリングでした。

群馬・長野ツーリング

日本国道最高地点

08/10からの夏休みを利用して、群馬・長野方面へツーリングに出掛けました。当日の天気予報では関東一円が曇り~雨でちょっと危うい感じでしたが、せっかくの夏休み、そんなことを気にせず決行しました。もちろん今回も首都圏ツーリングプランを利用しました。

さて、自宅を出て飯田橋ICから首都高池袋線 → 美女木JCTで外環道 → 大泉JCTから関越道、という感じのスタート。飯田橋近辺で少し雨に降られたり美女木JCTでは渋滞に巻き込まれたりしましたが、その他は特に問題もなく関越道を北上できました。

藤岡JCTで上信越道に入って碓氷軽井沢ICで一般道へ。さっそくr92のワインディングで楽しませてくれます。坂を登り終えたら木立を抜けて軽井沢に到着です。コンビニで一休みし、中軽井沢からR146 (ロマンチック街道)ヘ。途中から鬼押しハイウェーに入りましたが、鬼押出し園は華麗にスルー。

続いて万座ハイウェーで万座温泉まで進んで、ここからr466万座道路で志賀草津道路に出ました。この万座道路で千葉方面のナンバーを付けた白い車の後ろに付いたのですが、これがまた遅いの何のってマァ大変でした。しかしこれも旅情というものなのでしょう。

続きを読む

富士山ツーリング

げんこつ

先の記事でも触れました首都圏ツーリングプランを使い、この土日は富士山ツーリングに出掛けました。

7時過ぎに出発して神田橋ICから首都高に乗ろうとして筋を一本間違えてしまいそのまま渋谷まで進み、渋谷ICから首都高に乗って東名で御殿場へ。途中で渋滞に巻き込まれましたが、そこは二輪車の身軽さで以下省略。10時過ぎに御殿場ICに到着しました。

最初の目的地はさわやか御殿場インター店です。開店の20分前で既に先客が並んでおり、私が13組目。それでも開店後すぐに席に着くことができました。注文したのはお約束のげんこつハンバーグ。うーん、美味しいことは美味しいんだけど、うーん、騒ぐほどのことはないんじゃないのかなぁと思わなくもない気がしないでもないです。一点、オニオンソースが冷めてるのはどうにかした方がよい気がします。

気を取り直して御殿場から富士山スカイラインに入ります。下道は30℃を越えていましたが、富士山の裾野を上るにつれて次第に涼しくなっていきます。木立からの木漏れ日を浴びながら五合目まで上がると、気温は25℃ほど。雨が降りそうな雲行きでしたが、降り始めることなく無事に下山できました。なお、途中で来夢先輩とすれ違いました。

続きを読む

慣らし運転ツーリング

道の駅 保田小学校

道の駅 保田小学校

この土日を使って、CB1300SBの慣らしを兼ねて道の駅ツーリングへ出掛けてきました。CB1300SF時代から千葉にいくつかの道の駅が新設されていますが、発酵の里こうざきと季楽里あさひは訪問済みだったので、今回は残りの保田小学校とみのりの郷東金へ行ってきました。

まず土曜。自宅を出て首都高から京葉道路へと進もうと蔵前橋通りを錦糸町方面へ進んだところ、右折するタイミングを見誤り、市川から京葉道路に。途中、渋滞に捕まりながらも千葉東金道路へ進み、東金JCTで降りてしばらく進んでみのりの郷東金に到着。

すいかジェラートを食べてから進路を南へ。まず東金九十九里有料道路で九十九里へ出てそのまま九十九里有料道路で南下、と思いきや全線通行止め。マジっすか。仕方がないので並行する県道30号で有料道路の出口付近まで進み、そこから進路を西に取ってつどいの郷むつざわたけゆらの里おおたきを経由して房総スカイライン~国道465号と進み、県道182号こともみじロードへ。

適度なワインディングを楽しみつつ県道34号 長狭街道から県道88号へ進み、三芳村 鄙の里ビンゴバーガーででちょっと遅めの昼食を済ませ、安房グリーンラインを南下してこの日の宿となる民宿に到着。素泊まりの安いプランなので夕食は近所のスーパーで購入したイカのお寿司と刺身で済ませて就寝。

翌朝は宿を7時に出発して安房グリーンライン~国道127号で北上し、保田小学校に到着。早い時間だったのでまだ営業はしておらず、トイレ休憩を済ませてから県道34号 (長狭街道)を東へ進み、もみじロードを北上して国道465号に出たら更に東へ進んで房総スカイラインから君津ICで館山自動車道に入り、アクアラインで一気に川崎から都内へ。途中、選択を誤って中央環状線で大橋JCTまで進んでしまいましたが、そこから首都高で霞が関まで戻って10時頃に無事に帰宅できました。

これで総走行距離がおよそ600kmになりました。土曜の晩は風が強く、車体がホコリでだいぶ汚れたため、CB1300SBでは初の洗車を行いました。ガラスコーティングのコンディショナーは施工の1ヶ月後から使うべしと取説にあったため、今回は水による洗車のみで済ませました。エキパイが焼けてきたのが気になります。

慣らし運転中

道の駅 季楽里あさひにて

道の駅 季楽里あさひにて

慣らし運転で千葉方面へツーリングに出掛けました。国道6号で我孫子まで出て、まずは利根水郷ラインで道の駅水の郷さわらまで。一休みしてから南の方へ進路を変えて道の駅季楽里あさひへ。ここでパックのお寿司とお茶で早めの昼食を済ませて、この日はすぐ帰路につきました。

久し振りの大型バイクということで、帰りは久し振りに高速道を使いました。横芝光ICから銚子連絡道路 → 千葉東金道路 → 京葉道路 → 首都高 で帰宅です。今回はまだ早い時間だったので渋滞にも捕まらず、スムーズに帰宅することができました。いつもこうならいいのに。

で、肝心のCB1300SBですが、何点か気づいたポイントを。

  • 両足とも踵までべったりなので、ポジション的にはちょっと窮屈?
  • ハーフカウルの効果はやっぱり大きい。高速道も楽
  • 相対的に横風が気になる
  • ヘルメットに当たる風は増えた? 風切り音が気になる
  • リアサスが硬い? SFはもっとフカフカだったような
  • 意外とクラッチが苦でなくなってる
  • しっかり倒し込めるようになってる気がする
  • 6速3,000回転で100km/h
  • 走行時は気にならないが、停車時にミラーがブレブレ
  • 走行距離100kmを越えるまでギアがNに入りにくかった

慣らしということで回転数を上げずぎないよう気を付けた結果でしょうか、往路は下道だったにも関わらず燃費で18km/リッターを少し上回りました。一般道でコンスタントにこの燃費なら言うことはありませんね。

道の駅 みわ

茨城 道の駅ツーリング

残る4箇所の茨城の道の駅に行ってきました。

今回は目的地が遠いので、往復ともに高速道を使います。05:00過ぎに出発し、神田橋ICから高速道に乗ったのですが、道を間違えて江戸橋出口で下りてしまいました。再度人形町ICから入り直し、首都高から常磐道へ抜けます。早朝の首都高はトラックが多くて、なるべく走りたくありません。

流れに乗って常磐道を北へ向かいますが、朝の常磐道の流れは早いですね。ちょうど同じぐらいのスピードで流れるバンの後ろについてしばらく走っていたのですが、オービス手前で減速したのを追い越していったらアホみたいな速度で追い抜かれました。バイクに前を走らせたくない人っていますよね。

そんなこんなで水戸北スマートICで下り、R123を北へ向かいます。途中のコンビニで肉まんとコーヒーで朝食を済ませ、さらに先へ進みます。途中で道の駅かつらのそばを通りましたが今回はスルーし、r12からR293に出て、道の駅 みわに到着です。

道の駅 みわ

道の駅 みわ

出発前にGoProの電池が切れたので交換し、切れた電池を充電器に繋いでシートを戻そうとしたところ、シートが変な具合にはまってしまいました。左側のフックが掛からずに上に乗り上げてしまっています。絶妙に他が噛み合ってしまったためか、何度シートを外そうとしても外れません。しばらく格闘しましたが無理っぽかったのでそのままツーリングを続けることにしました。

R293から直進してr29へ入り、その先でr32へ入ります。北へ一気にショートカット狙いです。あまり整備されていないので安全第一でバイクを走らせます。タバッコ峠を過ぎて下っていく途中で道の脇からアオサギが飛び発っていくのに驚かされました。

その先からアップルラインに入ります。道も悪くなく、中々のワインディングロードでしたが、入ってすぐにハザードを焚いて後ろから来た数台の車を先に行かせ、その後ろから自分のペースで進みます。紅葉の季節に来ると、また楽しそうです。落葉が心配ではありますが。

R461に出たらそのまま道形に大子町の方へ向かい、R118に行き当たったT字路の先が道の駅 奥久慈だいごです。

道の駅 奥久慈だいご

道の駅 奥久慈だいご

実は昨年夏の北茨城方面ツーリングでここの近くに泊まったのですが、この時は時間の都合で立ち寄らず、スルーしてしまっていました。1年ぶりのリベンジになります。そういう意味では、今回のツーリングはこの時に行けなかった道の駅+新規に開設された道の駅を巡っていることになりますね。

続きを読む

道の駅しもつけ 大達磨

栃木 道の駅ツーリング

栃木に残っていた未踏破の道の駅を巡るツーリングに出掛けてきました。当初は往復ともに高速道を使うことを考えましたが、コストの都合で往路は下道、復路のみ高速道を利用することにしました。

5時過ぎに出発し、R4をひたすら北へ進みます。途中にいくつかの道の駅がありましたが、基本的にはスルー。途中でGoProの電池が切れたので、交換のために道の駅ごかで一休みして再出発。R4からR50に入って西へ進み、最初の目的地の道の駅 思川に到着。

道の駅 思川

道の駅 思川

営業時間外なのでトイレを済ませて次へ向かいます。R50からR4へ戻って再度北へ進みますと、道の駅 しもつけがありました。

道の駅 しもつけ

道の駅 しもつけ

道の駅しもつけ 大達磨

道の駅しもつけ 大達磨

中々立派な道の駅でしたが、ここも営業時間外だったため中には入れず。マスツーらしき20人ほどの集団がいたのを尻目に、次へ。r146からR352に出て西へ進み、r172で道の駅 みぶに出ました。

道の駅 みぶ

道の駅 みぶ

ここはSAと一体になったハイウェイオアシスだそうで、9時前でも営業していました。お腹も空いていたので、新名物のジャズまんなるものを購入。なかなかに美味しかったです。お腹を軽く満たして、ようやく折り返し地点です。

続きを読む

次のツーリング計画

さて、前回のツーリングで神奈川の道の駅を制覇しました。残る関東の道の駅は、茨城の4箇所と栃木の6箇所です。数から言えば茨城の方が少ないのですが、北茨城の方に集中して残っているため、片道だけで150kmほどあります。早朝に出発して往復に高速道を使ってようやく日帰り、という感じでしょうか。

一方、栃木の方は数こそ多いものの宇都宮より南部の東京寄りに集中しています。ぐるっと一巡できるようにルート設計すれば、時間を掛けずに回れそうです。

ということで考えてみました。往復には高速道を使うことを前提に、最初に道の駅みかもへ行き、そこから下道を使います。R50 (佐野バイパス)からr9で北上して道の駅どまんなかたぬま、r16からR293でぐるっと回って道の駅にしかた、R352から北関東道に沿って道の駅みぶ、R352に戻って道の駅しもつけ、R4からR50に入って道の駅思川、で6箇所回れます。復路はそのままR50で東北道に入って、という感じですね。

このルートをGoogle Mapsに整理してみました。こんな感じです;

  • 往路: 自宅~東北道~道の駅みかも
  • 巡回: 道の駅 6箇所
  • 復路: 道の駅思川~東北道~自宅

なかなかいいんじゃないでしょうか。むしろ片道2,000円強の高速代が響きます。往路はR4を使って逆に回って、帰りのみ高速でもよいかも。