タグ別アーカイブ: riding wear

防寒用の小物

先日のツーリングでは防寒用の小物として

を利用しました。

まず電熱グローブですが、グリップヒーターと併用することで指がまったくかじかみません。光電子インナーグローブの効果は不明ですが、温められた空気を保持する層ができることのメリットはあると思います。

ウィンドストッパーのネックゲイターは、本当に一切の風を防ぎます。隙間が首まわりに隙間があるとそこは冷えますが、冷えが回ることがありません。ヘルメットとの間をうまく埋めてやると効果倍増です。

リストウォーマーはインナーグローブの上から着けるか、電熱グローブの上から着けるか迷うところです。今回はインナーグローブの上から着けましたが、手首の冷えが緩和されたような気がするようなしないような。元々のジャケットの性能が高いからか、激変! という感じではありませんでした。

ソックスも冷えに効果があったと思います。元々これの旧モデルを使っていたので、新モデルにして効果倍増! という感じではありませんが、普通の靴下に比べると冷えが緩和される印象です。

ライディングブーツ 買い替え

WILDWING スワロー フラグシップモデル秋の行楽シーズンを迎え、愛用してきたWINGLOVEライディングブーツ WILD WING スワロー の靴底が削れて穴が空いてしまったので買い替えることにしました。

WILD WINGの品質自体に不満はなかったので同製品を買い直すか、と思ってWINGLOVEのサイトから飛ばされた楽天のショップを眺めていたところ、スワローのフラグシップモデルが出ているではないですか。という訳で飛び付いたのですが、このショップでは売り切れ。駄目モトでNAPSのオンラインショップで注文してみたところ、店頭在庫があったのでしょうか、無事に購入できました。

黒のレザーに赤いステッチが格好いいです。ミッドソールの赤いラインもインパクトがあってよいですね。私のバイクともカラーリングが揃ってピッタリと似合います。通常版にはないWILD WINGロゴの箔押しが踵に追加されていますね。

届いたらさっそく靴紐を抜いてブラシを掛けてオイルを塗り直して防水スプレーを掛けて準備はOK。この時気付きましたが、靴紐の長さが左右で10cmほど違いました。

※オイルレザーらしく、もしかしたら防水スプレーは余計だったかも知れません。自己責任ということで。

この土日はツーリングに出掛けなかったので、出勤時に履いて出掛けました。通常モデルと比べて、ヒールの長さが変わった(短かくなった?)のか、シフトペダルやリアブレーキの踏み心地が変わりました。若干爪先も厚くなった感じでしょうか、シフトアップに微妙な違和感があります。また、リアブレーキがこれまでより強く掛かるようになった気がします。まあ慣れるまでの問題だとは思います。

バイクを降りてから歩いてみると、ソールが柔らかくなったのかスニーカーを履いているかのように歩き心地がよいです。

機能的には、踝にパッドが入って転倒しても踝がより安全に保護されるようになったようです。また、通常モデルは裏地が貼られておらずにレザーのままでしたが、フラグシップモデルは布地が貼られています。そのため、よりスムーズに着脱できるようになった感じです。反面、裏地の分サイズダウンした感じです (レザーなのでそのうち馴染んでフィットするとは思います)。

欠点としては、通常版よりソールが厚いことです。おそらくですが、赤いミッドソールの分だけ厚くなっています。このミッドソールのお蔭でビジュアル的にはかなり格好いいです(通常歩行時のクッションにもなっているようです)が、機能的にはペダル操作のダイレクト感が犠牲になっているのではないでしょうか。

※画像はWINGLOVEの楽天のサイトから拝借しました。RealがLealになっているのはご愛嬌。

胸部プロテクター

バイクに乗る際は普段からホンダのセパレートタイプの胸部プロテクターを着用しています。このプロテクターに対応しているホンダやゴールドウィンのライディングジャケットには何の加工もなく装着することができますが、逆に言えば対応していないジャケットとは(そのままでは)併用できません。また、ジャケットの前を開けていると前の方に垂れてきて結構邪魔臭いです。

このプロテクターをジャケットに直接装着しなくて済むベスト+背面プロテクター付きのタイプもありますが、これだと胸部プロテクターが余ってしまいます。このプロテクターの付いていないベスト単体があれば問題は解決しそうです。

セパレートタイプでない一枚板タイプのプロテクターには、補修用としてプロテクターのないベストが単体で販売されていますが、セパレートタイプには同様のものがありません。と思っていたら、ホンダのオンラインショップで実は売られていました。

Honda ボディプロテクターベスト

先月発売になったようです。これに胸部プロテクターを取り付ければよさげです。

しかしここで一つ気になったポイントがあります。このベストには背面用のプロテクターも装着できます。LLサイズだと5コです。ベストとプロテクター5コを購入すると逆に割高になり、一式セットで購入して胸部プロテクターのみをヤフオクに流した方が安上がりのようです。はてさてどうしたものか。

半袖走行

先日の記事で、夏場でも長袖のメッシュジャケットを着用すべし、というようなことを書きました。しかしジャケットなしのメリットを確認しないままではフェアではありません。ということで、実際に半袖で出掛けてみました。

服装は、上は冷感Tシャツに綿の半袖シャツ(白)、下はジーンズです。プロテクタの類いは装着しません。

走り出してすぐ、両袖がパタパタとはためいて、ミラーが見づらいことに気付きました。走行中は確かに涼しいです。しかし、風の心地良さよりも上半身にプロテクターを一切装備していない不安の方が勝るのか、どうにも落ち着きません。しかも、走行中の涼しさはメッシュジャケットを装着している時とそう違いもなく、(少なくとも走行中は)高機能繊維のインナーを着ている方が汗でじっとりとすることもないので快適です。

こんな感じでしばらくバイクを走らせていたのですが、30分ほどでしょうか、次第に両腕がチリチリと痛くなってきました。案の定、日焼けです。赤外線の熱ではなく紫外線による熱傷ですので、いくらバイクを走らせて風が吹こうがチリチリ感は治まりません。バイクを運転していると同じ面をずっと上に向けることになり、しかも基本的に右手を離しては運転できないのが拍車を掛けます。

結局、1時間も走らせることなく帰宅してしまいました。マダムなドライバーが長い手袋を身に付けている理由がよく理解できました。フロントガラスで紫外線をある程度防げる四輪車でさえそうなのですから、剥き身のバイクなら言わずもがなです。

また、冒頭で買いたように、袖がパタパタとはためいてミラーが見えにくくなり、結果、後方確認がしづらいという安全面での問題もありました。安全面と言えば、そもそもプロテクターを身に付けていない時点でもうダメダメです。どうしても半袖でバイクに乗りたいのであれば、

  • プロテクターを直接装着する
  • 腕など露出している部分に日焼止めを塗る
  • ウェア(特に腕)のバタ付きを防ぐためのバンド等を身に付ける

あたりを実施することでしょうか。ぶっちゃけ、あれこれ悩むよりはメッシュジャケットを着る方が単純明快でよいと思います。

盛夏のツーリング

基本的には年がら年中バイクで出掛けています。夏も変わらず出掛けますが、問題は服装、特に上着です。ここでは近所への買い物ではなく、片道1時間以上掛かるお出掛けやツーリングを想定しています。

半袖のTシャツ一枚で出掛けるという方がいます。転んだ時のことは一旦置いておいて、この季節は何よりも日焼けが怖いです。基本的には常時向かい風が吹いているので熱さはあまり感じませんが、両腕は紫外線に晒されています。日焼けと呼ぶと夏の風物詩的に軽く受け止めてしまいますが、医学的には日焼けは火傷と同じ熱傷ですので、実はそれなりの健康被害を及ぼします。また、紫外線は皮膚癌のリスクも高めますので、長時間に渡って無防備に肌を陽に晒さない方がよいでしょう。

ならば、長袖のTシャツならどうでしょうか? 日焼けの問題は解決しますが、風で袖がめくり上がったりバタバタとはためいたりします。この衣類のバタ付きは、意外と体力を消耗します。近場なら気になりませんが、遠出をする場合は無視できません。

そして本命のメッシュジャケットです。クソ暑い最中に長袖のジャケットを着るなんて、端から見れば狂気の沙汰です。しかも一般的な夏用のジャケットより厚手に見えます。しかしこのジャケット、その名の通りメッシュ構造になっています。軽く風が吹いた程度ではあまり恩恵を感じませんが、一度走り出せばびゅんびゅん風がジャケットを通り抜けて肌を冷ましてくれます。当然、直射日光を防いでくれますので、紫外線による日焼けの心配はありません。誰が言ったか「着る日陰」、いい例えです。

反面、ストップアンドゴーを繰り返す町乗りではあまり有難味がないかも知れません。

続きを読む

東京湾アクアラインでビンゴバーガー

とある掲示板を眺めていたところ、千葉の道の駅 三芳村鄙の里にあるビンゴバーガーを食べてきたという投稿がありました。レインボーブリッジ、ゲートブリッジと渡って、今度はアクアラインを通ってみたいと思っていたところでしたので、急遽、ハンバーガーを食べに行くことにしました。

前回の反省に立ち、今回はアウターの中にインナージャケットも装着し、下半身もオーバーパンツでしっかり保温です。かなりモコモコなビバンダム体型になりましたが、背に腹は替えられません。ぬくぬくなスタイルでのツーリングになりました。

前回同様、神田橋から羽田方面に進み、レインボーブリッジを渡って湾岸線を南下して空港を通り、川崎浮島JCTで「の」の字を描いてからアクアラインです。地下です。トンネルです。微妙です。9kmほど進んで海ほたるPAで一休み。少し霞んでいましたが、ここの展望デッキから富士山が見えました。

「海ほたる焼き」なる鯛焼っぽい甘味で体力を回復し、再出発です。ここからは海上の橋を進みます。今日は天気もよく風も強くなく、気持ち良く進みました。木更津JCTで館山道へ進んだところまではよかったのですが、その先の木更津南JCTで誤って木更津市街の方へ進んでしまいました。

仕方がないので出口で高速道を下り、ナビを信じてR127を南下し、r92から君津ICで館山道へ無事に復帰しました。ここから再度南下します。鋸南富山ICで下りて高速道沿いに南下して道の駅 富楽里とみやま (ハイウェイオアシス富楽里)で一休みした後、r184からr258で東へ進みます。r88に出たら南下し、今回の目的地である道の駅 三芳村鄙の里に到着しました。ここに来るのは2回目です。

店舗は11時開店とのことで20分ほど時間を潰し、待望のビンゴバーガーです。折角なのでルートビアも注文しました。飲むサロンパスとはよく言ったものです。バーガー自体はこの値段でこのサイズのバーガー、和牛100%のパティを提供できるのは素晴らしいですが、ううむ、ファイアーハウスの常連としては味の面ではちょっと物足りなかったかもです。

お腹もいっぱいになったところで、帰路に付きます。帰りはこのままr88を南下してr296~R127と大きくUターンして富浦ICから館山道に入ります。まだ12時前で時間が早いこともあり、渋滞はまったくなく、今度は木更津からアクアラインに入りましたが、どちらかと言えばこちらから見る景色の方が好みに合いました。海ほたるからトンネルに入り、羽田~台場~神田と戻り、無事にガレージに帰着しました。

今回は冬用の完全装備だったので、寒さを感じることはほとんどありませんでした。あとは首まわりの防風と足指のちょっとした凍えを改善すれば万全な予感です。

レインボーブリッジ~ゲートブリッジ

先週の日曜は午前だけ空いたので、冬用の防寒装備のテストも兼ねてレインボーブリッジからゲートブリッジへ行ってみました。上はGOLDWINのEuro ロードマスター、下もEuroのウォームオーバーパンツです。毎年のように買い替えたり買い足したりしなくて済むよう、奮発しました。

神田橋ICから首都高に入り、都心環状線で羽田方面へ進み、芝浦JCTから台場線でレインボーブリッジを渡りました。バイクでレインボーブリッジを渡るのは初めてだったのですが、首都高だとループ部分は走らないんですね。知らなかったです。

レインボーブリッジを渡り終えて台場出口で下り、フジテレビの前からまっすぐ海の方へ進み、トンネルを抜けて左折し、ゲートブリッジです。思いの外に傾斜が大きかったです。渡り終えた先でUターンできたので、結局そのまま1往復しました。

その後、少し道に迷いつつも(Nexus7のナビはGPSメインなので地下だと無力なのです)、今度は下道でレインボーブリッジを渡りました。例のループを通りました。そのまま下道でガレージまで戻った訳ですが、冬用装備の件。ジャケットに付属のインナージャケットを外していたのですが、寒い。発熱系のインナーの上にハイネックのヒートテックとヒートテックの極暖を来ていたのですが、腕の辺りも微妙にベンチレーションが効いている感じがあり、微妙に体温が下がりました。インナージャケットを着なかったのは失敗でした。

失敗と言えば、下半身もそうです。巻き付けタイプのオーバーパンツぐらい装着しておけばよかったです。上半身ほどではないのしても、下半身からもじんわりと寒さが伝わって微妙に体力を奪われました。ビバンダムになるのを避けたかったのですが、よい判断ではありませんでした。はい。

久し振りの更新です

前回の更新から2週間過ぎてしまいました。奥多摩で開催された二輪車交通安全キャンペーンには言ったものの、開始時間にちょっと遅れての参加となり、整理券の入手方法が分からなかったので途中で抜け出して道の駅 たばやまへ足を伸ばしてジビエ?の鹿肉カレーを食べ、そのまま帰ってきてしまいました。目当てのアイテムも入手できず、丹波山の温泉にも入れず、行きも帰りも下道で渋滞に巻き込まれ、なーんか失敗続きのツーリングとなってしまいました。

昨日は気分転換にプチツーリングに出掛けました。白山通りからR17に入り、中山道を北上して戸田公園のあたりで川口方面へ方向転換し、川口駅のあたりでJRを潜ってその先のR122を南下して明治通りへと進み、R4から上野、秋葉原、本郷と戻りました。およそ40kmほどのルートでした。ちなみに今回、明治通りが環状線であることを知りました。

そう言えば、中山道を走っていた際に、左側車線の四輪車が突然こちらへ車線変更して来たため、あやうく接触するところでした。私が走っていた右側車線が少し早く流れており、バックミラーの死角に入ったタイミングで方向転換してきた感じでしたが、事故にならなくてよかったです。

実は今回、Nexus7をナビとしてデビューさせるつもりだったのですが、スクリーンの反射と写り込みがひどかったために断念しました。ノングレアのフィルムを購入して再挑戦します。この他、バイク駐車場のアスファルトがサイドスタンドで凹んでいることを発見しました。バタンと倒れることはないと思いますが、万が一に備えてサイドスタンドの下に敷くプレート(ホルダー)を購入しました。

あとは冬用のウェアです。レイヤードを意識して、日常用にも使えるおたふく手袋のアンダウェア(上下)とヒートテックのアンダーウェア(Tシャツ)の他に、今回、ウィンドストッパーのインナーウェアを購入しました。この季節にはまだ早いですが、この冬のツーリングで活躍してくれることを期待しています。

インナーグローブ

購入したインナーグローブを装着してみたところ、右手の人差し指の先に違和感があります。裏返してみたところ、生地の切れ端が入っていました。

さて、私は指が長めなので通常のLサイズでは指先がきつく、LLサイズになると掌の方がややぶかぶかになります。指先がきついのは不快なので、普段は大きめのものを選んでいます。夏用のメッシュグローブもLLサイズで指の長さはちょうどよいのですが、掌の方は少し余裕があります。

本題までが長くなりました。で、今回購入したインナーグローブの上からメッシュグローブを装着したのですが、指のまわりの縫い代が気になります。そこでふと思い付き、メッシュグローブを裏返して装着し直してみたところ、これがまた快適です。皆さんも是非お試し下さい。

同じようなことを試した方は他にもいるようで、皆さん考えることは同じなんだなぁと思った次第。

納車に向けての準備

いよいよ納車が来週に迫りました。例年より早く梅雨も明けたようで、これはもう天も私の味方をしているとしか思えません。とは言いすぎですが、これなら雨天で納車が遅れるということもなさそうです。

さて、納車されたら慣らしを兼ねて近所にツーリングに出掛けたいのですが、この暑い中を出掛けるにはそれ相応の準備が必要です。今のところ、以前から使っている夏用のメッシュジャケットとインナーキャップの他に、コミネのメッシュシートカバーダブルインナーグローブを用意しました。インナーキャップとインナーグローブは冷感速乾素材製です。

あとは首(うなじ)の日焼け防止のために、スカーフ(バンダナ、マフラー)が必要かな、と考えています。冷感素材で探してみたところ、ラフロのバンダナゴールドウィンのネックゲイターが見つかりました。気軽な脱着やお値段を考えると前者ですかね。