タグ別アーカイブ: review

GROM ファーストインプレッション

先日の慣らしツーリングで8時間近くGROMに乗りました。その時の感想など。ネガティブなことばかり書いてしまったような気もしますが、むしろ愛あればこそ、ということでご容赦下さい。

尻が痛くなる

ゲルザブ+メッシュシートカバーのお蔭で8時間も乗ってられました。乗車中に痛く感じるのは当然(?)として、帰宅後は尾てい骨まわりやお尻の肉などが痛くなりました。シートが固いだけでなく、前に向かって傾斜しているためポジションが落ち着かず (前の方にずり落ちていく)、尾てい骨のあたりに荷重が掛かるのも原因の一つだと思います。

クラッチが遠い

クラッチの繋がる場所がかなり遠いです。半クラからクラッチが完全に繋がるまでの範囲が非常に狭く、しかもクラッチが繋がるのはクラッチレバーをリリースするあたり、という状態。半クラ≒クラッチミート≒クラッチリリース、みたいな感じ。これは近日中にディーラーさんに持ち込んで調整してもらいます。

ブレーキの効きが悪い

ブレーキパッドの当たりが出ていないのが原因だと思いますので、そのうち解消することを期待します。

アイドリング音が静か

これはGROMのよいポイントですね。停車する時にアクセルをオフにして慣性+アイドリングで進む時や、停車中のアイドリングしている時など、その静かさに驚かされます。

ハンドルの振動が大きい

しかしこのアイドリング時の振動が大きいです。どうもハンドル全体が共振しているらしく、かなり振動します。ミラーなどブレブレです。が、フロントブレーキを軽く握るとほとんど止まります。

ハザードランプがない

慣らし運転中なのであまり回転数を上げられず、必然的にスピードも上げられません。後ろの車列に追い越させる時にハザードを点灯させて知らせたいのですが、ハザードがないのでウィンカーで代用しています。まあ、一般道ならハザードの出番なんてそうそうないので構いませんが。

ウィンカースイッチが固い

このウィンカーですが、スイッチが固いというかONもOFFも渋いです。入れたつもりが入ってなかったり、切ったつもりが切れてなかったり、ということが何度かありました。確認のために何度か繰り返しボタンを操作して対応しています。

Nランプが点かない

停車時にNに入れ、発進時にペダルを踏んで1速に入れたつもりが入っていない、Nランプは付いてないので1速に入っているはず、でも実はNに入ってなくてN芋状態、ということが何度かありました。教習所の教官のように、発進前に何度もペダルを踏み込むようにして対応してます。なお、N自体もなかなか入りにくいですが、走行中のギアチェンジ自体はスムーズです。

フロントフォークが柔らかい

ふかふかしていて、停車時にぐ~っと沈み込みます。リアサスはそれほど柔らかい印象がなく、前後でバランスが微妙に捕れてないです。フロントはもうちょっと固くてもよさげ。逆にリアサスの交換も検討の余地ありです。お尻が痛くなる件が改善するかも?

向かい風が弱い

カウルのお蔭なんでしょうか、CB1300SFと比べて走行中の向かい風が弱い気がします。こんな小さなカウルやシュラウドでも効果があるものなのですね。

慣らしツーリング

昨日はゲリラ豪雨に降られて散々でしたが、今日も昼過ぎから雨とのこと。なので早めに出掛けて早めに戻ることにしました。行き先は犬吠埼、その後に「道の駅 オライ蓮沼」で数量限定の刺身定食を食べて帰ることにしました。

7時過ぎに自宅を出発して8時頃にガレージを出発。R14を進んで錦糸町ICから京葉道路へ進みます。幕張を過ぎたあたりで渋滞に捕まりましたが、それほど酷い渋滞でもなく、比較的順調に進みました。千葉東JCTから東金道路へ進み……なぜか東金ICで下りてしまいました。しかもその先の九十九里有料道路を銚子連絡道路と勘違いしたまま進んでしまい、気が付いたら銚子ではなく九十九里に到着してしまいました。

悩んでも仕方ないので、順番が逆になりますが先に道の駅の方へ。10時前に到着してしまいました。ここから犬吠埼へ往復すると11時の食堂の開店には間に合いそうにありません。仕方がないのでそのまま道の駅で1時間ほど時間を潰して昼食を食べました。

オライ蓮沼にて

オライ蓮沼にて

満を持して出て来た刺身定食は、正直微妙。あまり外房っぽい感じがしません。いやまあ美味しかったからいいんですけど、せっかくオライ蓮沼で食べるならイワシ丼かなめろう定食ですね。この二つはかなりお薦めです。出店で限定で売られていたいわしサンドも美味しそうでした。

昼食を終え、出発の準備をしていたら、いわゆるナンシーさんに「最近のホンダはどう?」と話し掛けられました。ぱっと見で60代の男性でしたが、若かりし頃はHONDA CB250に乗っていたとのこと。排気量を問われたので1,300ccと答えたら目を白黒させてました。こういう一期一会もいいものです。笑顔で別れ、早々に帰路に就きます。

芝山はにわ道を北上して松尾横芝ICから東金道路に入り、あとは来た道を戻るのみです。休憩なしで一気に錦糸町ICまで進み、無事にガレージまで戻りました。高速上で何度か幻の6速に入れようとしてしまったことは秘密ということで。昨日今日の2日で250kmを走りました。

続きを読む

CB1300SF納車

5月に注文したCB1300SFがついに納車されました!

CB1300SF ABS

CB1300SF ABS イタリアンレッド

午前にディーラーさんへ行き、バイクを受け取りました。映えるイタリアンレッドに高級感のある金のパーツを、黒と銀がきっちり締めたデザインになっています。ううむ、完璧です。

え? CB400SFと見た目が同じじゃないかって? 確かに写真は平面的なので違いが分かりにくいですが、実物の存在感は圧倒的です。3倍以上の排気量は伊達ではありません。エンジンもデカいですしガソリンタンクもデカいです。

さっそく慣らし運転に出ました。トルクが凄いです。迂闊にアクセルを回すと猛烈な加速です。丁寧にアクセルを開かないとウィリーでもしてしまいそうです。ライディングポジションは疲れを感じさせずにちょうどいい感じです。車高が高いからか、足も窮屈な感じはあまりしません。両足ともべたっと地に付きますが、CB400SFほど膝に余裕はありません。そういう意味では少し緊張します。

クラッチは明らかに重いです。シフトレバーはカコッという感じではなく(ガコッ+ザクッ)/2という感じで、少なくとも今はまだ気持ち良くシフトチェンジできません。車体はCB400SFとは比べものにならないほど重く、正直、取り回しは楽ではありません。あと、走り出すと結構熱いです。

そんなことを感じながら都下を流していたのですが、16時前にゲリラ豪雨に捕まってしまいました。這う這うの体で九段下の首都高下に逃げ込み、そこで2時間ほど雨宿りをした後に再度ディーラーさんへ行き、免許取得キャンペーンのキャッシュバックを受け、帰宅しました。

明日は外房方面へ遊びに行こうかと考え中です。