タグ別アーカイブ: maintenance

J-Trip フロントスタンド

J-Tripのフロントスタンドを購入したので、台風が来る前に足回りを軽くメンテナンスしてみました。

事前にセンタースタンドで後輪を持ち上げておきます。フロントスタンドに付属の紙マニュアルにはセンスタではなくメンテスタンドを使うよう書かれていましたが、面倒だったので今回はセンスタで代用します。一応、CB400SF時代に購入したJ-Tripのショートスタンドがありますが、持ち運びが面倒だったので……

さて、複数のバイクに対応するために、フロントスタンドには複数のカラーが付属してきます。CB1300SBのステアリングステムの穴に適合するのは小さい方から3つ目、19mmのカラーです。これをボスにネジ止めしてスタンドに装着します。

その後はマニュアル通りにボスをステアリングステムの穴に…… って、入れられません。ワイヤークランプがすぐそばにあり、ブレーキワイヤーが干渉してしまいます。そこで、ワイヤークランプを固定しているボルト (10mm)をレンチで外します。これでボスがステムの穴に入るようになります。

念の為、フロントフェンダーにウェス等を掛けておいて傷が付かないようにしてからボスをステアリングステムの穴に入れ、フロントスタンドで持ち上げます。ほとんど力を入れる必要もなくあっさりと持ち上がりました。素晴らしいです。

続きを読む

ユーゲルはいいぞ

手を洗ういわゆるピンク石鹸と呼ばれている洗剤です。

バイクのメンテナンス、特にホイールやチェーン回りに手を突っ込むと油汚れが手に付きます。ブレーキダストや金属粉などを含んでいるためか真っ黒で、触れたら当然黒く汚れます。

パーツクリーナーを吹き掛けたショップタオルで拭えばだいたい取れますが、手の油分をすべて拭うのでカピカピになりますし、そもそもパーツクリーナーは体に悪そう。

となると水で手を洗うしかない訳です。これまで家庭用の石鹸や手洗い用のフォーム、お風呂用のボディシャンプー、台所用洗剤、と色々試してきましたが、どれもこれもきれいさっぱいに洗い落とすことができません。そこで知ったのがピンク石鹸、モクケンユーゲルです。

この界隈ではかなり有名な洗剤らしく、ちょっとググればいくらでも情報が出て来ます。類似品 (たぶん中身は同じ) がいくつかありますが、私はモクケンユーゲルDXをAmazonで購入しました。粗い粉末状の洗剤が小分けされずにドサッとビニール袋に入れられて口を軽く結わえ、段ボール箱に入れられた状態で届きました。

バイクのメンテ後、おもむろに手を濡らしてユーゲルを適量掬ってゴシゴシと手を洗います。スクラブ入りで、ザラザラとした触感です。泡立ちはほとんどありませんが、このスクラブが指紋や皺などの隙間まで入って油汚れを落としてくれているのでしょう。大した時間も掛からず、油汚れはきれいサッパリ落ちてしまいます。素晴しいです。

岩牡蠣ツーリング

牡蠣

この土日は首都圏ツーリングプランの東関東道・館山道コースを使って、土曜は犬吠埼方面へ、日曜は野島埼方面へ、それぞれツーリングへ出掛ける予定でした。結論から言えば日曜は体調を崩してしまい、ツーリングは土曜だけになってしまいました。

さて、土曜は神田橋ICから首都高に乗って大井PAで一休みしてからアクアライン~圏央道で松尾横芝ICへと進み、ここで高速道を降りてR126で銚子方面へ。途中で飯岡のつちや食堂で岩牡蠣の定食を食べてから再びR126に戻り、途中で銚子ドーバーライン (r286)に入って犬吠埼へ。しかし何だか面倒臭くなってきて灯台へ行かずそのままr244で銚子市街地へ進み、利根水郷ライン (R356)へ。

ひたすら道形に進み、香取の道の駅 水の郷さわらで一休み。暑さのせいか異様に疲れていたのでソフトクリームでカロリーを摂取しエナジードリンクで発奮して出発。途中のGSで給油して佐原香取ICから東関東道へ。帰りは渋滞らしい渋滞に捕まることもなく、そのまま京葉道路~首都高で錦糸町ICで降りて靖国通りで帰宅しました。

シャワーを浴びて一休みしてから夕方からは水道橋の京城で焼肉。希少部位の盛り合わせを頂きました。食べ過ぎて翌日は腹を壊し、日曜のツーリングは中止。この日は曇りで気温もあまり上がらず、折角なので夕方前に洗車しました。

いつものように携帯用シャワーポンプで水を掛けて汚れを浮かせて流すだけの簡単洗車。合成セーム革で水分を吹き取って、ガラスコーティング専用のコンディショナーで拭き上げます。このコンディショナーを使うことで、ガラスコーティングの輝きが戻りました。効果は絶大です。あとはポイントポイントにルブやらシリコーンスプレーやらを吹いて洗車完了。次の機会にはタイヤまわりのホイールやキャリパーあたりも腰を据えて清掃したいですね。

初回点検

カレンダー

先日のことですが、納車から1ヶ月が経過しましたので初回点検に出してきました。ドリーム店のメンテナンスパックに入っているので工賃無料で受けられますが、そうでなくても初回点検だけはホンダ車なら購入した店舗で無料で受けられるようになっているようです。

この時点での総走行距離は600km。まだオイル交換には早いかなとも思いましたが、まあどうせ近いうちに交換するんだったら今回でもいいやということで、ディーラーさんお薦めのelfのオイルに交換してもらいました。オイル交換の工賃も無料なのはいいですね。

一通り点検してもらってパニア取り付けについて相談して帰りました。パニアについては別途記事を起こす予定です。

帰り着いてから、コントロールユニットAの取り外し方とETC車載機の配線について質問し忘れていることを思い出しました。また次の機会に質問することにします。

ETC車載器の配線

先の記事の1枚目の写真を見て頂くと、ETC車載器の配線がバッテリーカバーの上部に出ていることがお分かりになると思います。シートのフックに引っ掛けて断線させてしまいやしないかと毎回ヒヤヒヤしておりました。

今回、バッテリーを外すためにCB1300SBのマニュアルに目を通したのですが、このマニュアルではどうも配線はバッテリーカバーの下、コントロールユニットBとの間を通すように書いてあるようです。

ETCの配線 (CB1300SBマニュアルより)

ETCの配線 (CB1300SBマニュアルより)

この点も次回のメンテ時に確認してみようと思います。

CB1300SBのバッテリー

昨日の朝、ツーリングに出掛けようとスタータースイッチを入れたところ、キュルキュル音すら鳴らずエンジンが掛かりません。スタンドを上げてギアをNに入れてクラッチを握ってもダメです。勘のいい方ならもう見当が付いているかも知れませんが、そう、キルスイッチが切れていたのです。

しかしこの時はキルスイッチのことが頭の中からスポンと抜け落ちており、バッテリー上がりと信じ込んでしまっていました。そこでツーリングを諦め、バッテリーの充電を試みることにしました。

CB1300SB シート下

CB1300SB シート下

シート下のタンク側、バッテリーカバーの下にバッテリーがあります。バッテリーカバーは樹脂製のクリップで固定されており、内部にはコントロールユニットAとETC車載器が設置されており、外側には別のコントロールユニットBが設置されています。マニュアルによれば

  1. ETC車載器を外す
  2. コントロールユニットAを外す
  3. クリップを外す
  4. バッテリーカバーを外す
  5. コントロールユニットBを外す

の順でバッテリーにアクセスできるようです。ところが、コントロールユニットAが外れません。というか外し方が分かりません。仕方がないのでこのユニットは付けたまま、バッテリーカバーを外しました。何とかなるものですね。

続きを読む

GROM クラッチ調整

今日、ディーラーさんにGROMを持ち込んでクラッチを調整してもらいました。いい感じです。これで発進や低速時も問題なく半クラを使えるようになりました。

明日もちょっと時間が取れそうなので、どこかに出掛けるか考え中。低燃費なのでホイホイ出掛けてもガソリン代が掛からないのは嬉しいのですが、先日の慣らしツーリング時のお尻 (特に尾てい骨)の痛みがまだ取れてないので、もし出掛けるとしたら明日は久し振りにCB1300SFでしょうか。

チェーンのメンテ

1月の6ヶ月点検からこちら、チェーンのメンテをしてなかったので今回始めて自分でやってみました。用意したのは、RKジャパンのホワイトメンテナンスセット。大分前に購入したものですが、クリーナー、ルブ、ブラシがセットになっています。ギアをNに入れてバイクのセンタースタンドを立て、念の為にキーを抜いて作業開始です。

まずクリーナーをチェーンに吹いてしばし待ち、ブラシでチェーンを満遍なく磨きます。次に浮き上がった汚れをウェスで拭き取るのですが、だいぶ汚れていたのでしょう、拭けども拭けどもウェスが汚れる一方で終わりが見えません。が、しばらく根性で磨き続けて、ようやく汚れが拭き取れました。ふむ、クリーニング前と打って変わって綺麗になりました。

最後にチェーンルブを吹きます。加減が分からないので恐る恐る吹き付け、タイヤを回してチェーンになじませてから余分なルブを拭き取ります。が、ルブが微妙に固くてうまく拭き取れません。何とかみっともなくない程度に拭き取って作業完了。

今週末はモーターサイクルショーの予定ですので、出発前に再度チェーンの具合を確認して、問題なければそのまま出掛けることにします。

6ヶ月点検

先日は6ヶ月点検のためにディーラーさんへ行ってきました。仕事を抱えていたので、ノートPC持参です。

サイドケースを取り付けた際にいくつかのボルトを緩めたことを伝えて、バイクは整備場へ。点検を受けている間、こちらは無料のドリンクを飲みながらノートPCを開いて仕事です。途中、オイルとオイルフィルタの交換の確認がありましたが、前回の交換からおよそ5ヶ月が経ち、3,000km走りましたので、両者ともに交換を依頼しました。

待つことしばし、点検が完了しました。点検項目の他、ホイールの清掃までしてもらってしまいました。足回りまで手が回っていなかったのでとても助かりました。点検の工賃ですが、無料です。ホンダドリームはここがいいですね。オイルとオイルフィルタの実費だけ支払って今回の点検は完了です。

オイル交換直後のシフトチェンジの気持ちよさは格別ですね。

台風一過

一部地域では多大な被害があったようですが、ウチのあたりでは普通の台風でした。バイクも風に煽られて転倒することもなく無事でした。が、今回は落葉の破片のようなチリや埃で車体がかなり汚れてしまいました。このままカバーを掛けると傷が付くこと必至です。

ということで、近日中に洗車したいところです。今週末は朝から奥多摩のイベント参加なので、できれば明日明後日の空いた時間で対応したいところ。チェーンの掃除と注油もしたいですね。