タグ別アーカイブ: license

アマチュア局 変更申請

すったもんだありましたが、KX2が届きましたのでアマチュア局の変更申請を行います。代理店のEDCさんは実機が届く前から変更申請したりしていたようですが、一介のエンドユーザにはそんな離れ業はできませんので、実機が届いてから作業開始です。

基本的にはKX3で開局申請した時とほぼ同じで、まずは総務省の電子申請Liteで変更申請を行うための書類を用意します。今回の変更申請では、第1送信機のKX3に144MHzを追加し、増設する第2送信機をKX2にしました。

KX2も日本向けに5MHz (60m)バンドを無効にしている証明書が同梱されていますので、これに加えて実機裏面のシリアルの写真、これまたKX2に同梱されている送信機系統図と周波数・ローカル発振器の対応表 (4アマで出られないバンドは消す)、送信機系統図の中でオプションになっている箇所についてのコメント(ATUの有無)を添えて変更申請書を作成し、zip形式でダウンロードします。

このzipファイルを非技適機種の保証業務を行っているJARDまたはTSSに送付するのですが、前回はTSSを使ったので今回はJARDに送ってみることにしました。TSSは書面による申請の方が電子申請より早い、とアレな方向で評判でしたが、JARDはどうでしょう? 楽しみです。

ちなみに、どういう訳か電子申請Liteにログインできなくなっていました。ID/パスワードの再発行も依頼してあります。

2016/06/27追記: 25日(土)の深夜に保証申請をJARDに投げて、今日27日(月)の午後に手数料を入金したところ、19:00に補正依頼がありました。早いです。送信機系統図に2mトランスバータが抜けていたのと日本のバンドプランに適合していることの証明書の添付漏れ、いくつかのチェックが入っていなかったのを修正して再送しておきました。

2016/06/28追記: 昨日に続いてJARDから、KX3-2Mトランスバータの送信機系統図まわりの確認の問い合わせがありました。マニュアルを漁ってもいまいち不明な内容だったためElecraftに質問を投げて回答待ちです。ウェブを漁ったところ、トランスバータのブロック図が見つかりましたので、マニュアルと照らし合わせながら送信機系統図を更新して、修正版をJARDに送付しておきました。

2016/06/29追記: 念のため、KX3-2Mのマニュアルからブロック図を起こし直してElecraftのサポートにチェックしてもらっています。今日はJARDから補正の指摘がないので審査を通った、と考えるのは甘いですかね。

2016/06/30追記: 総務省の電子申請Liteのパスワード再発行は申請からちょうど1週間目に葉書が届きました。これで無事に電子申請できます。葉書は無くなさないよう局免と一緒に保管しておきます。

2016/07/01追記: JARDから保証書が届きましたので、電子申請Liteから変更申請しました。保証申請からちょうど1週間ですね。素晴らしく早いです。なお、保証書のシリアルから察するに、JARDでの今年の13件目の保証だったようです。つまり、JARDへの保証申請は1ヶ月に2件程度しかないってことでしょうか?

2016/07/05追記: 月曜にステータスが受付処理中になりました。

2016/07/08追記: 申請から1週間でステータスが審査中になりました。

2016/07/11追記: 審査終了しました。後は手数料を納付すれば完了ですね。

2016/08/01追記: 諸事情により遅くなりましたが、新しい免許状と証票を受領しました。これでようやくオンエアできます。

局免が下りました

中学生の時に開局し、大学進学とともに更新期限切れしてしまっていたアマチュア無線を再開しました。先に記事にしているように、TSSに保証申請を出したのが04/26、審査に通ったのが05/23。同日に電子申請Liteで開局申請を出し、局免が下りたのが06/03でした。途中にGWを挟んでしまいましたが、およそ1ヶ月で開局することができました。意外と早い?

新たに発行されたコールサインは JI1DDJ です。リグの都合でHF~50MHzについて10Wで免許されています。バイクでツーリングに出掛けた先でのポータブル運用も視野に入れています。そろそろ梅雨の季節なので当面はアクティビティは上がらないかも知れませんが、夏から本格的に運用したいと考えています。

ちなみに、この夏には1アマを受験する予定です。捕らぬ狸の皮算用ですが、合格できたら10MHz帯などの4アマでは出られない帯域について変更申請することを目論んでいます。ついでに144MHzモジュールも導入しようかと妄想中です。

4アマ的KX3保証申請

Elecraft KX3は技適機種ではないので、アマチュア局の開局のためにはTSSに保証申請を出す必要があります。申請にはいくつかの資料が必要です。KX3のリリース直後はこれらの資料を自前で用意する必要があったようですが、今はElecraftあるいは代理店(エレクトロデザイン社)が資料を提供してくれます。今回は代理店ではなくElecraftから直接取り寄せたケースについて記述してみます。

続きを読む

実践あるのみ

ということで、今回は精選400題(以下、精選)→QCQテキスト(以下、QCQ)の順に取り組んでみました。結果、

  1. 無線工学: 精選を9問回答→答え合わせ→解説を読む→要点をノートに整理: 45分
  2. 無線工学: QCQを4ページ確認、要点をノートに整理→解説を読む→問題を解く→答え合わせ: 45分
  3. 法規: 精選を4問回答→答え合わせ→解説を読む→要点をノートに整理: 20分
  4. 法規: QCQを3ページ確認、要点をノートに整理→解説を読む→問題を解く→答え合わせ: 10分
  5. モールス: #1の回答、#2の学習: 5分

合計2時間掛かりました。今回は初の試みということで少々手間取ったのは事実ですが、これは時間を掛けすぎです。法規とモールスはまあよいとして、問題は無線工学。もうちょっと効率よく取り組む方法を考えなければなりません。

テキストの構成としてQCQの方が解説→問題、なので、問題→解説の精選と順番を入れ替えた方がよさそうです。こうすることで、解説→問題→問題→解説、となって二度手間が減りそうです。

学習のスケジュール その2

何だか1アマ受験ブログになってきた様相を見せていますが、このブログの本題はあくまでCB1300SFのある生活です。

QCQ企画のテキスト新問題対応 ズバリ合格 第1級アマチュア無線技士 問題集 第2版 (表紙画像、正誤表などはこちらから) が届きました。精選400題は各問題への解説が中心ですが、こちらはもうちょっと包括的に説明されています。法規の学習はこちらの方が便利そう。ということで、

  1. QCQテキストで学習
  2. 精選400題で確認、知識をfix

という流れがよさそうです。目安として、無線工学が130ページ、法規が100ページですので、こちらも同様に30日を1イテレーションとすると無線工学を1日4ページ、法規3ページ程度が目安になりそうです。もっとも、精選400題でのfixと違う部分を勉強しても仕方ないので、精選400題の範囲を事前に確認してそこを学習、という感じでしょうか。

あと、技術的な解説でこれらのテキストでは理解できなさそうな場合は、いわゆる神サイトを参考にしたいと思います。

学習のスケジュール

テキストとして使う1アマ精選400題は、その名の通り、400問の問題が掲載されています。内訳は、無線工学が270問、法規が130問です。これを1ヶ月で1回通すには、1月30日換算で無線工学を1日9問、法規を4問ずつ進める必要があります。冷静に見直してみると結構なボリュームですね。しかし1問5分と考えれば1時間程度です。これなら何とかなりそうな気がします。

もう一冊のQCQのテキストの方は、実はまだ入手していません。内容を確認し次第、予定を組んでみます。

問題はむしろモールスです。LCWOで勉強を始めましたが、これが結構難しい。モールスを単純に暗記するだけの方が合格の近道かも、なんて思ったりもしています。

1アマ受験

さて、私が持っているのは第4級アマチュア無線技士(4アマ)の免許です。移動局として運用するならこの免許でもあまり問題はないのですが、どうせならこのタイミングで上級の免許を取ってしまおうと考えています。

20年振りのアマチュア無線なので、少し調べてみました。何と今は第1級アマチュア無線技士(1アマ)の試験でも和文モールスどころか欧文モールスによる電気通信術の試験もなくなったんですね。このことの是非はともかく、これからモールスを覚える身にとってはgood newsです。

ということで、今年8月の国家試験での1アマ合格を目標にします。

法規は覚えれば済むとして、元電波少年で得意科目は物理、ちょっと前まで趣味でアンプを設計したりしていた身には無線工学もお手のものです。とは言え、あまり甘く考えず、しっかり計画的に学習していきたいと思います。

テキストには東京電機大学出版局の「第一級アマチュア無線技士 合格精選400題 試験問題集」とQCQ企画の「第1級アマチュア無線技士問題集 - ズバリ合格 新問題対応」を利用します。モールスはLCWO (Learn CW Online)で覚えようと考え中。せっかく覚えるんですから、CWデビューもしてみたいですし。

学習の進捗はStudyplusで管理します。各教材を3回ぐらいのイテレーションで回せればきっと大丈夫でしょう。今4月末で、まだ5~7月の3ヶ月はありますので、1イテレーションに1ヶ月、というところですね。頑張ります。