タグ別アーカイブ: kx3

KX3-2M 送信機系統図

Elecraft KX3に144MHzトランスバータのKX3-2Mを組み込んだ場合、当然ながら送信機系統図にKX3-2Mについても記載する必要があります。KX3本体の送信機系統図は購入時に書面で同梱されていますが、KX3-2Mには同梱されていません。KX3-2Mのマニュアルには"Circuit Description"としてテキストでのみ説明がありますので、これを図に起こす必要があります (上記はElecraftから個人輸入した場合です。代理店のEDCさんから購入した場合は、申請に必要な書面はおそらくすべて揃っていると思います)。

ということで、今回の変更申請のためにダイアグラムを起こしてみました。Rx/Tx切り替えスイッチは省略してあります。Elecraftのサポートに問い合わせて、内容に問題ないことを確認してもらっていますが、この内容で開局・変更申請が通ることを保証するものではありません。また、信号の流れが左から右になっていますのでご注意下さい。

KX3-2M transmit signal diagram

アマチュア局 変更申請

すったもんだありましたが、KX2が届きましたのでアマチュア局の変更申請を行います。代理店のEDCさんは実機が届く前から変更申請したりしていたようですが、一介のエンドユーザにはそんな離れ業はできませんので、実機が届いてから作業開始です。

基本的にはKX3で開局申請した時とほぼ同じで、まずは総務省の電子申請Liteで変更申請を行うための書類を用意します。今回の変更申請では、第1送信機のKX3に144MHzを追加し、増設する第2送信機をKX2にしました。

KX2も日本向けに5MHz (60m)バンドを無効にしている証明書が同梱されていますので、これに加えて実機裏面のシリアルの写真、これまたKX2に同梱されている送信機系統図と周波数・ローカル発振器の対応表 (4アマで出られないバンドは消す)、送信機系統図の中でオプションになっている箇所についてのコメント(ATUの有無)を添えて変更申請書を作成し、zip形式でダウンロードします。

このzipファイルを非技適機種の保証業務を行っているJARDまたはTSSに送付するのですが、前回はTSSを使ったので今回はJARDに送ってみることにしました。TSSは書面による申請の方が電子申請より早い、とアレな方向で評判でしたが、JARDはどうでしょう? 楽しみです。

ちなみに、どういう訳か電子申請Liteにログインできなくなっていました。ID/パスワードの再発行も依頼してあります。

2016/06/27追記: 25日(土)の深夜に保証申請をJARDに投げて、今日27日(月)の午後に手数料を入金したところ、19:00に補正依頼がありました。早いです。送信機系統図に2mトランスバータが抜けていたのと日本のバンドプランに適合していることの証明書の添付漏れ、いくつかのチェックが入っていなかったのを修正して再送しておきました。

2016/06/28追記: 昨日に続いてJARDから、KX3-2Mトランスバータの送信機系統図まわりの確認の問い合わせがありました。マニュアルを漁ってもいまいち不明な内容だったためElecraftに質問を投げて回答待ちです。ウェブを漁ったところ、トランスバータのブロック図が見つかりましたので、マニュアルと照らし合わせながら送信機系統図を更新して、修正版をJARDに送付しておきました。

2016/06/29追記: 念のため、KX3-2Mのマニュアルからブロック図を起こし直してElecraftのサポートにチェックしてもらっています。今日はJARDから補正の指摘がないので審査を通った、と考えるのは甘いですかね。

2016/06/30追記: 総務省の電子申請Liteのパスワード再発行は申請からちょうど1週間目に葉書が届きました。これで無事に電子申請できます。葉書は無くなさないよう局免と一緒に保管しておきます。

2016/07/01追記: JARDから保証書が届きましたので、電子申請Liteから変更申請しました。保証申請からちょうど1週間ですね。素晴らしく早いです。なお、保証書のシリアルから察するに、JARDでの今年の13件目の保証だったようです。つまり、JARDへの保証申請は1ヶ月に2件程度しかないってことでしょうか?

2016/07/05追記: 月曜にステータスが受付処理中になりました。

2016/07/08追記: 申請から1週間でステータスが審査中になりました。

2016/07/11追記: 審査終了しました。後は手数料を納付すれば完了ですね。

2016/08/01追記: 諸事情により遅くなりましたが、新しい免許状と証票を受領しました。これでようやくオンエアできます。

KX3 ヒートシンク装着

来週の鹿児島コンテストに向けて、KX3にヒートシンクを装着しました。

KX3 with PAE-Kx31 heat sink

KX3 with PAE-Kx31 heat sink

標準のヒートシンクはただの板切れなので放熱効果があまり期待できそうにありません。実際、大きめの出力で連続運用したりRTTY等のデータ通信を行ったりするとファイナル段の放熱が追い付かず、サーマルエラーが発生することもあるようです。これらの問題を解決すべく、サードパーティから、いくつかのヒートシンクが発売されています;

eBayでよく見掛けるN8WTTのヒートシンクは薄型なので、他の製品に比べると放熱効果はあまり期待できなさそうですが、重量増は少なくて済みそうです。また、コールサインの刻印を入れられます。リグの見た目がそれほど変わらないのもメリットです。

放熱効果を期待するとなると、一般的にイメージされる、ヒートシンクの形をしているPAE-Kx31とCooler KXが選択肢になります。Cooler KXの方はLiteとPlusの2モデルが用意されています(塗装によるカラーバリエーションもあります)。重量としてはPAE-Kx31とCooler KX Liteが160g、Plusが200g、熱抵抗はPAE-Kx31が3℃/W以下、Liteが2.8℃/W、Plusが2.4℃/Wという感じで、ヒートシンクが大きいほど熱抵抗が小さいです。

これらの中から、今回はPAE-Kx31を選択しました。理由はいくつかありますが、一番大きかったのはeBayで購入できるようになったことでしょうか。Buyer Protectionがどの程度有効か不明ですが、PayPalで直接取引するよりはほんの少しだけ安心です。 Cooler KXには上述の通りLite/Plusの他に塗装によるバリエーションが揃えてありますが、仕様的にも私にはtoo muchな感じでした。10Wでフルパワー運用する方にはCooler KX Plusがおすすめです。

見た目的にはCooler KXには吹付塗装モデルがオリジナルと同じ色合いになります。PAE-Kx31は放熱効率のために黒色アルマイト加工されており、色調が異なります。また、PAE-Kx31の方が丸みを帯びており、Cooler KXは角ばった印象を受けます。ついでにPAE-Kx31はアルミ削り出しのようです。

続きを読む

4アマ的KX3保証申請

Elecraft KX3は技適機種ではないので、アマチュア局の開局のためにはTSSに保証申請を出す必要があります。申請にはいくつかの資料が必要です。KX3のリリース直後はこれらの資料を自前で用意する必要があったようですが、今はElecraftあるいは代理店(エレクトロデザイン社)が資料を提供してくれます。今回は代理店ではなくElecraftから直接取り寄せたケースについて記述してみます。

続きを読む

13.8V スイッチング電源 その2

※本記事を参考にして発生する損害について、私は一切の責任を負いません。自己責任でお願いします。

2012サイズのチップ抵抗ですが、店頭にE24系列がフルで揃っている店舗が見つかりません。仕方がないのでマルツで取り寄せてもらうことにしました。精度5%で10コ50円です。安い。注文した翌々日には店舗に届きましたので、後日、マルツ本店へ取りに行きました。

このチップ抵抗の抵抗値を確認したところ、13.04kΩと13.08kΩの2グループに分かれました。13.12kΩのものが1つありましたので、今回はこれを使うことにします。

続きを読む

13.8V スイッチング電源 その1

※本記事を参考にして発生する損害について、私は一切の責任を負いません。自己責任でお願いします。

Elecraft KX3の電源は9-15V DCです。局免取得前の状態ではワッチできれば十分なので、12Vのスイッチングアダプタを利用しています。ポータル運用のことを考えて、オプションのバッテリーチャージャーKXBC3も組み込んであるのですが、実はこのチャージャーの定格が13.8Vのため、12Vでは "LO SPPLY" のエラー表示が頻発します (13Vでもダメなようです)。

しかし13.8Vのスイッチングアダプタなど市販されておらず、安定化電源でも用意しない限りは供給することはできません。そこで、市販のスイッチングアダプタを改造することにしました。

バッテリーチャージャーのマニュアルによれば、充電と送受信を同時に行うには3A供給する必要があるそうです。単純計算で13.8V*3A=41.4W以上の供給能力のあるアダプタを捜してみると、秋月電子にて12Vで60W以上の電源が二つ見つかりました。

続きを読む