タグ別アーカイブ: gourmet

道の駅 みわ

茨城 道の駅ツーリング

残る4箇所の茨城の道の駅に行ってきました。

今回は目的地が遠いので、往復ともに高速道を使います。05:00過ぎに出発し、神田橋ICから高速道に乗ったのですが、道を間違えて江戸橋出口で下りてしまいました。再度人形町ICから入り直し、首都高から常磐道へ抜けます。早朝の首都高はトラックが多くて、なるべく走りたくありません。

流れに乗って常磐道を北へ向かいますが、朝の常磐道の流れは早いですね。ちょうど同じぐらいのスピードで流れるバンの後ろについてしばらく走っていたのですが、オービス手前で減速したのを追い越していったらアホみたいな速度で追い抜かれました。バイクに前を走らせたくない人っていますよね。

そんなこんなで水戸北スマートICで下り、R123を北へ向かいます。途中のコンビニで肉まんとコーヒーで朝食を済ませ、さらに先へ進みます。途中で道の駅かつらのそばを通りましたが今回はスルーし、r12からR293に出て、道の駅 みわに到着です。

道の駅 みわ

道の駅 みわ

出発前にGoProの電池が切れたので交換し、切れた電池を充電器に繋いでシートを戻そうとしたところ、シートが変な具合にはまってしまいました。左側のフックが掛からずに上に乗り上げてしまっています。絶妙に他が噛み合ってしまったためか、何度シートを外そうとしても外れません。しばらく格闘しましたが無理っぽかったのでそのままツーリングを続けることにしました。

R293から直進してr29へ入り、その先でr32へ入ります。北へ一気にショートカット狙いです。あまり整備されていないので安全第一でバイクを走らせます。タバッコ峠を過ぎて下っていく途中で道の脇からアオサギが飛び発っていくのに驚かされました。

その先からアップルラインに入ります。道も悪くなく、中々のワインディングロードでしたが、入ってすぐにハザードを焚いて後ろから来た数台の車を先に行かせ、その後ろから自分のペースで進みます。紅葉の季節に来ると、また楽しそうです。落葉が心配ではありますが。

R461に出たらそのまま道形に大子町の方へ向かい、R118に行き当たったT字路の先が道の駅 奥久慈だいごです。

道の駅 奥久慈だいご

道の駅 奥久慈だいご

実は昨年夏の北茨城方面ツーリングでここの近くに泊まったのですが、この時は時間の都合で立ち寄らず、スルーしてしまっていました。1年ぶりのリベンジになります。そういう意味では、今回のツーリングはこの時に行けなかった道の駅+新規に開設された道の駅を巡っていることになりますね。

続きを読む

道の駅しもつけ 大達磨

栃木 道の駅ツーリング

栃木に残っていた未踏破の道の駅を巡るツーリングに出掛けてきました。当初は往復ともに高速道を使うことを考えましたが、コストの都合で往路は下道、復路のみ高速道を利用することにしました。

5時過ぎに出発し、R4をひたすら北へ進みます。途中にいくつかの道の駅がありましたが、基本的にはスルー。途中でGoProの電池が切れたので、交換のために道の駅ごかで一休みして再出発。R4からR50に入って西へ進み、最初の目的地の道の駅 思川に到着。

道の駅 思川

道の駅 思川

営業時間外なのでトイレを済ませて次へ向かいます。R50からR4へ戻って再度北へ進みますと、道の駅 しもつけがありました。

道の駅 しもつけ

道の駅 しもつけ

道の駅しもつけ 大達磨

道の駅しもつけ 大達磨

中々立派な道の駅でしたが、ここも営業時間外だったため中には入れず。マスツーらしき20人ほどの集団がいたのを尻目に、次へ。r146からR352に出て西へ進み、r172で道の駅 みぶに出ました。

道の駅 みぶ

道の駅 みぶ

ここはSAと一体になったハイウェイオアシスだそうで、9時前でも営業していました。お腹も空いていたので、新名物のジャズまんなるものを購入。なかなかに美味しかったです。お腹を軽く満たして、ようやく折り返し地点です。

続きを読む

道の駅山北 不老そば

神奈川道の駅ツーリング その3

さて、道の駅 箱根峠から次の道の駅 山北へ向かうルートですが、いくつか考えられます。

  1. 芦ノ湖スカイラインで御殿場までショートカット
  2. R1で三島まで下ってR246で北上して御殿場へ
  3. R1を反対に北上してR138で御殿場に抜ける

あたりが選択肢です。有料の1はパス、R138は通ったことがあるので3もパス、今回はあえて遠回りの2を選択しました。ナビによると掛かる時間も3と大差ないようですし。まあ、1が有料と言ってもソフトクリーム1個分なので1でもよかった訳ですが。

さて、R1で西へ下る訳ですが、ここも苦手な下りのワインディング。しかしやっぱりR1ともなれば車線幅もありますし、キツいカーブもあまりなく、比較的安心して進むことができました。途中で伊豆縦貫道の無料区間に入って少しショートカットし、R246に出ました。ここからはひたすら道形に進むだけです。御殿場を抜けてしばらく進んだ先からr76に入り、川沿いに上った先に道の駅 山北がありました。

道の駅 山北

道の駅 山北

ここでおよそ08:30過ぎです。お腹も空いたので朝食にしようと思ったのですが、食堂は09:00からとのこと。30分ほどあったので、川をさらに遡って丹沢湖に行ってみました。丹沢と言えばヤマビルで有名ですが、こちらは西側なのであまり関係ないんですかね。20分ほど丹沢湖の周辺を流した後に道の駅に戻って参りました。

道の駅の奥のこじんまりとしたスペースが食堂?でした。名物らしき「不老そば」を注文したところ、天ぷらは注文を受けてから揚げているようです。作り置きでないのはポイント高いですね。待つことしばし、不老そばが出て来ました。

道の駅山北 不老そば

道の駅山北 不老そば

写真では分かりにくいですが大きなヤマメ丸々一匹分の天ぷらと、大葉二枚、かぼちゃ、ナス、しいたけの天ぷらの付いたそばでした。そば自体は田舎そば風? ヤマメの天ぷらは背骨とあばらは除いてありましたが、頭とひれはそのままでしたので、気になる人は気になるかも知れません。しかしほろほろふっくらした身に川魚の風味があり、大変美味しゅうございました。

この後、道の駅どうしに行くプランもありましたが、できれば午前中のうちに帰宅したかったので今回はここまで。東名で帰ることにします。

新さんまの刺身となめろう

さんまのなめろう リベンジ

前回とほぼ同様のルートでつちや食堂へ行き、新さんまの刺身となめろうの刺身定食を食べて来ました。前回はiPhoneを自宅に忘れてしまったので写真がありませんでしたが、今回はしっかり撮って参りました。

刺身定食 新さんまの刺身となめろう

刺身定食 新さんまの刺身となめろう

大変美味しゅうございました。天気がよかったので、今回は圏央道からアクアラインで帰りました。眺望が開けていて気持ちよかったです。

さんまのなめろう @つちや食堂

新さんまの季節になりました。ということで、飯岡のつちや食堂へさんまのなめろうを食べに出掛けました。

4時過ぎに起きて身支度を整えたのですが、朝から生憎の雨です。先にバイクの準備だけでもしておこうと駐車場へ行ったのですが、部屋の鍵を持ち出すのを忘れていました。およそ1時間ほどマンションから締め出されてしまい、6時過ぎに上階の方がゴミ出しに出て来られたついでに入口を開けてもらい、ようやく部屋に戻ることができました。1時間以上のロスです。

部屋に戻ってしばらく様子を見ましたが、雨が止む気配もないのでレインスーツを着て出掛けることにしました。およそ1ヶ月振りのCB1300SFだったので、近所で慣らし運転をしてから7時過ぎに出発です。ぐいぐい引っ張られる感じのトルク感はグロムでは味わえません。

閑話休題。まずはR6で利根川まで出て、利根水郷ライン(r170→R356)で銚子方面に向かいます。およそ8時にr170に入り、9時に道の駅 水の郷さわらに到着。ここで一休みしてから再出発です。r16から南下しr56で旭方面へ向かいます。r56からr70~r28~r35と進み、r30を銚子方面に進んで10時に、目的地のつちや食堂に到着しました。

新さんま入荷の掲示を確認して店の中へ。ランチタイムにはまだ早い時間だというのに、既にほぼ満員です。たまたま座敷席が空いていたのでそこに座り、さんまの刺身となめろうの刺身定食を注文しました。待つことしばし、待望のさんまのなめろうです。

身の叩き具合は他の店のなめろうより粗いかんじですが、ねっとりした甘さがたまりません。刺身も脂が乗っていて、それでいてしつこくありません。大盛りのどんぶり飯が欲しくなりました。

旬の味を堪能したら早速帰路です。帰りは高速を使います。R126から横芝光ICに入り、東金道路~京葉道路~首都高と進み、錦糸町ICで下りてR14で帰宅しました。雨の日は下道より高速道の方が安心して走れるのは気のせいではない気がします。信号もマンホールもありませんし。

磯がき @つちや食堂

つちや食堂で磯がき

先日、どうも夏バテ気味だったので、夏が旬の磯がき (岩ガキ)を食べに行きました。目的地は犬吠埼の下、飯岡にあるつちや食堂です。朝8時から営業しているとのことで、朝食を食べに遠出してきました。

朝4時に目覚ましを掛けて5時過ぎに出発。R6を北上して柏、我孫子と過ぎて利根川の手前から利根水郷ラインに入ります。早朝だからか分かりませんが、羽虫がほとんど飛んでほらず、ヘルメットのシールドも綺麗なままで利根川の堤防の上を東へひた走ります。

道の駅水の里さわらの前を通り過ぎ、まだまだ東へ進みます。銚子に入る手前あたりで8時を過ぎました。ここらで犬吠埼まで行かずにR126に入って南下するという選択肢もなくはなかったのですが、こういう日に限ってナビを装着していなかったため、まずは犬吠埼を目指します。

続きを読む

房総縦断ツーリング

ツーリング後のチェーンメンテの記事が先に来ましたが、先日の日曜は予定通り、房総縦断ツーリングに出掛けました。

06:00出発の予定が寝坊して07:30に出発です。例によって神田橋ICから首都高に乗り、レインボーブリッジから空港前を通りアクアラインへ。連休最終日ということもあったのか、アクアラインから渋滞です。海ほたるを過ぎてようやく渋滞を抜けたと思ったら、その先の連絡道路でも渋滞。館山道も一部で渋滞。参りました。

富津中央ICで下りて内房なぎさライン(R127)を南下、その先でR465へ入ってもみじロード(r182)へ。一部、幅員減少で狭い道もありましたが、なかなか快適な道が続きます。

長狭街道に出たら東へ進んで、今度はr88へ。山間部はやや走りにくい道ですが、それを抜けると広めの道です。その先にある道の駅三芳村鄙の里にて小休止を取りました。ちょっと早めのランチも考えましたが、ここは旬の「菜の花ソフトクリーム」を頂きました。あまり菜の花な味はしませんでしたが。

来た道を少し戻って脇道に入り、今度は安房グリーンラインへ入ります。しばらく進んで踏切を渡った先からが本番です。交通量が少なく路面の状態もよい、気持ちのよい道が続きます。そのまま気が付いたら房総半島最南端に到着していました。

12時前だったので、少し東に進んだ先の道の駅ちくら潮風王国でランチを取ることにしました。海鮮を食べたかったので、レストランで大量のなめろうが乗った漁師丼を頂きました。しかしここの客の捌き方はちょっと微妙でした。先に並んでいた人をスルーして後から来た人を先に二階へ案内し始める始末(メニューは限定されるようですが)。これは頂けませんね。ちなみに、なめろうはちょっと生姜の風味が強かったです。

お腹もいっぱいになったところで12時を回っていました。今から東京湾フェリーで三浦半島に渡ると帰宅がかなり遅くなります。ということで今回は来た道を戻ることにしました。安房グリーンラインで快適なワインディングを楽しんだ後にr88を北上し、途中で長狭街道をr128へ入るのではなくそのままr88を進み、R465~R127と進んだのですが……

ガソリンの残量がありません。GSもありません。まったく見つかりません。仕方なしに内房線沿いに北上して大貫駅の近くでようやく給油し、R16を北上することにしました。道路標識に従ってアクアライン方面に進み、木更津金田ICからアクアラインに入ったのですが、さっそく渋滞です。勘弁して下さい。

結局アクアラインを渡り終え、トンネルを抜けるまで渋滞に捕まっていました。浮島JCTから首都高で神田橋ICまで進み、無事に帰着しました。

往復でおよそ250km、帰着したのがおよそ15:30だったので、8時間ほどのツーリングでありました。うち1~2時間は渋滞に捕まっていた時間なので疲れました。しかし天気もよく気温も低すぎず高くもなり過ぎず、ツーリング日和でした。

東京湾アクアラインでビンゴバーガー

とある掲示板を眺めていたところ、千葉の道の駅 三芳村鄙の里にあるビンゴバーガーを食べてきたという投稿がありました。レインボーブリッジ、ゲートブリッジと渡って、今度はアクアラインを通ってみたいと思っていたところでしたので、急遽、ハンバーガーを食べに行くことにしました。

前回の反省に立ち、今回はアウターの中にインナージャケットも装着し、下半身もオーバーパンツでしっかり保温です。かなりモコモコなビバンダム体型になりましたが、背に腹は替えられません。ぬくぬくなスタイルでのツーリングになりました。

前回同様、神田橋から羽田方面に進み、レインボーブリッジを渡って湾岸線を南下して空港を通り、川崎浮島JCTで「の」の字を描いてからアクアラインです。地下です。トンネルです。微妙です。9kmほど進んで海ほたるPAで一休み。少し霞んでいましたが、ここの展望デッキから富士山が見えました。

「海ほたる焼き」なる鯛焼っぽい甘味で体力を回復し、再出発です。ここからは海上の橋を進みます。今日は天気もよく風も強くなく、気持ち良く進みました。木更津JCTで館山道へ進んだところまではよかったのですが、その先の木更津南JCTで誤って木更津市街の方へ進んでしまいました。

仕方がないので出口で高速道を下り、ナビを信じてR127を南下し、r92から君津ICで館山道へ無事に復帰しました。ここから再度南下します。鋸南富山ICで下りて高速道沿いに南下して道の駅 富楽里とみやま (ハイウェイオアシス富楽里)で一休みした後、r184からr258で東へ進みます。r88に出たら南下し、今回の目的地である道の駅 三芳村鄙の里に到着しました。ここに来るのは2回目です。

店舗は11時開店とのことで20分ほど時間を潰し、待望のビンゴバーガーです。折角なのでルートビアも注文しました。飲むサロンパスとはよく言ったものです。バーガー自体はこの値段でこのサイズのバーガー、和牛100%のパティを提供できるのは素晴らしいですが、ううむ、ファイアーハウスの常連としては味の面ではちょっと物足りなかったかもです。

お腹もいっぱいになったところで、帰路に付きます。帰りはこのままr88を南下してr296~R127と大きくUターンして富浦ICから館山道に入ります。まだ12時前で時間が早いこともあり、渋滞はまったくなく、今度は木更津からアクアラインに入りましたが、どちらかと言えばこちらから見る景色の方が好みに合いました。海ほたるからトンネルに入り、羽田~台場~神田と戻り、無事にガレージに帰着しました。

今回は冬用の完全装備だったので、寒さを感じることはほとんどありませんでした。あとは首まわりの防風と足指のちょっとした凍えを改善すれば万全な予感です。

大洗町漁協 かあちゃんの店

さて、念願のなめパックンを食べることができた訳ですが、まだ10時前です。このまま帰るのも何ですし、せっかく茨城まで来たんですから、それなりのものを食べたくなるのが人情というものです。このまま北上すれば大洗がありますので、海の幸を食べに行きましょう。

道の駅たまつくりを出てR354を東に進み、途中でr184で北へ進路を変え、r2→R51と進み、更に北に向かうこと1時間、大洗に到着しました。大洗と言えばガルパン、ということでガルパン一色かと思っていたのですが、漁港の方は普通でした。

行ったのは漁協直営らしい「かあちゃんの店」。旬の生しらす丼や数量限定のメニューも魅力的でしたが、ここはあえて刺身定食を注文。旬の地魚を楽しむことにします。

かあちゃんの店 刺身定食

かあちゃんの店 刺身定食

5種類の刺身が3切れずつ、酢の物となます、ご飯に味噌汁です。やっぱり新鮮な刺身は美味しいですね。むちむちもっちり、大変美味でありました。食後は向かいにある直販店を冷やかし、特に何も買わずに帰路に付きました。あんこうが3匹ほど丸々そのまま売られていたのが大洗っぽくてよかったです。

帰りは来た道(R6)をそのまま戻るのもつまらないので、R51を下って、銚子から利根水郷ラインで我孫子まで行って、そこからR6で帰ろうと考えていたのですが…… 道の駅水の郷さわらに到着したあたりで何だか気が抜けてしまい、少し戻って佐原香取ICから東関東道に入ってしまいました。

東関東道は今回初めて走りましたが、いやー、ここも走行車線の流れが早いですね。京葉道路に入ってすぐの武石ICのあたりが少し渋滞していましたが、そこ以外はまったく渋滞もなく、順調にバイクを走らせることができました。三車線あるのはいいですね。

京葉道路から首都高に入り、錦糸町ICで降りておよそ16時頃に帰着しました。

なめパックン 出没!!

台風一過、抜けるような青空です。まさにツーリング日和と言えるのではないでしょうか。今日は、以前からの懸案であった霞ヶ浦にある道の駅たまつくりの名物、なまずのパティのハンバーガー、なめパックンを食べに行くことにしました。

7時に本郷を出発してR6を北東へひた走ります。今回、ようやくNexus7(2012年モデル)がナビとしてデビューしました。ネット接続はiPhone5sのテザリング(インターネット共有)を利用しました。ナビの詳細はまた後日別の記事に起こそうと思います。

比較的早い時間だったので、渋滞に巻き込まれることなく順調に進むことができ、およそ2時間後の9時過ぎに到着しました。バイクを駐車場に止めて早速、売店に向かいます。食券を購入しておばちゃんに渡して待つことしばし。ついになめパックンと対面しました。

行方名物、なまずのハンバーガー「なめパックン」

行方名物、なまずのハンバーガー「なめパックン」

野菜がこんもりです。下のバンズがサクサクしていたのは、こういうものなのでしょうか。肝心のパティですが、ううむ、淡白な白身魚のフライの感想は難しいです。特に生臭さなどは感じませんでしたが、食後に泥っぽさが舌に残ったのは気のせいではないと思います。

次の機会があれば、こいパックンやかもパックンにも挑戦してみたいですね。