カテゴリー別アーカイブ: ツーリング

神奈川道の駅ツーリング その4

道の駅山北からR246を東へ進んで、大井松田ICから東名に乗ります。日曜ですがまだ午前だったからでしょうか、特に渋滞もなく100km/hで流れる中をひたすら東京に向かって走ります。

途中の海老名SAで一休みです。目指すはIDEBOKのソフトクリームです。これまで何度かチャンスはあったのですが、今回初めて食べました。うん、おいしいです。ちょっと緩かったのが気になりましたが、あまり冷やしすぎて舌触りが悪くなるよりはいいのかも。

という感じで高速道に戻って道を進める訳ですが、東京ICの手前でとうとう渋滞に捕まりました。東京ICを過ぎても渋滞は続きます。しかも、そのまままっすぐ進めばよいところを、何の血の迷いか大橋JCTで中央環状線に入ってしまいました。はい、かの悪名高き山手トンネルです。

いやー、入ってすぐのループでもう嫌んなりましたね。制限速度が40km/hなのに煽られる煽られる。二車線になっていて助かりました。また、渋滞もなかったので多少暑い程度で蒸し焼きにもならずに済みました。すぐに出ればよかったのですが、変に色気を出して西池袋ICまで行っちゃいました。地上に出てからr441で池袋駅まで出て、そこからr305 (明治通り)を南下し、新目白通りで帰りました。

続きを読む

道の駅山北 不老そば

神奈川道の駅ツーリング その3

さて、道の駅 箱根峠から次の道の駅 山北へ向かうルートですが、いくつか考えられます。

  1. 芦ノ湖スカイラインで御殿場までショートカット
  2. R1で三島まで下ってR246で北上して御殿場へ
  3. R1を反対に北上してR138で御殿場に抜ける

あたりが選択肢です。有料の1はパス、R138は通ったことがあるので3もパス、今回はあえて遠回りの2を選択しました。ナビによると掛かる時間も3と大差ないようですし。まあ、1が有料と言ってもソフトクリーム1個分なので1でもよかった訳ですが。

さて、R1で西へ下る訳ですが、ここも苦手な下りのワインディング。しかしやっぱりR1ともなれば車線幅もありますし、キツいカーブもあまりなく、比較的安心して進むことができました。途中で伊豆縦貫道の無料区間に入って少しショートカットし、R246に出ました。ここからはひたすら道形に進むだけです。御殿場を抜けてしばらく進んだ先からr76に入り、川沿いに上った先に道の駅 山北がありました。

道の駅 山北

道の駅 山北

ここでおよそ08:30過ぎです。お腹も空いたので朝食にしようと思ったのですが、食堂は09:00からとのこと。30分ほどあったので、川をさらに遡って丹沢湖に行ってみました。丹沢と言えばヤマビルで有名ですが、こちらは西側なのであまり関係ないんですかね。20分ほど丹沢湖の周辺を流した後に道の駅に戻って参りました。

道の駅の奥のこじんまりとしたスペースが食堂?でした。名物らしき「不老そば」を注文したところ、天ぷらは注文を受けてから揚げているようです。作り置きでないのはポイント高いですね。待つことしばし、不老そばが出て来ました。

道の駅山北 不老そば

道の駅山北 不老そば

写真では分かりにくいですが大きなヤマメ丸々一匹分の天ぷらと、大葉二枚、かぼちゃ、ナス、しいたけの天ぷらの付いたそばでした。そば自体は田舎そば風? ヤマメの天ぷらは背骨とあばらは除いてありましたが、頭とひれはそのままでしたので、気になる人は気になるかも知れません。しかしほろほろふっくらした身に川魚の風味があり、大変美味しゅうございました。

この後、道の駅どうしに行くプランもありましたが、できれば午前中のうちに帰宅したかったので今回はここまで。東名で帰ることにします。

道の駅 箱根峠から

神奈川道の駅ツーリング その2

大観山のスカイラウンジからr75 (椿ライン)を下ります。私はどうも下りのワインディングは苦手です。勝手に加速していく感じが何とも。それはそれとして箱根の町まで下りてR1に入って道の駅 箱根峠に到着です。まだ07:30頃なので道の駅も開いておらず、裏手に回って写真を撮ったりして一休み。

道の駅 箱根峠から

道の駅 箱根峠から

芦ノ湖越しに正面が駒ヶ岳・神山、右手に二子山が見えます。トイレを済ませて次なる道の駅 山北を目指します。

箱根ターンパイク ビューラウンジから望む富士山

神奈川道の駅ツーリング その1

長いこと後回しにしてしまっていた神奈川の道の駅へ行って参りました。朝3時に起きて4時半に出発です。まだ9月なのでそんなに寒いということもなかろうと、夏用のインナーの上にメッシュジャケットを羽織って出掛けましたが、念の為にミドルレイヤーのウィンドストッパージャケットをシート下に入れておいたのが正解でした。

行きは下道を利用します。まずR246をひた走ります。都内を抜けるまではそんなにスピードも出ないので問題ではなかったのですが、二子玉川を過ぎたあたりから車の流れが速くなり、それに伴って体感温度がぐんぐん下って行きます。しばらくは我慢できたのですが、次第に我慢ができなくなり、小田原厚木道路と併走するr63にあるコンビニで一休み。ここでおよそ05:30、出発から一時間が経過してちょうど日の出の時刻だったようです。ウィンドストッパージャケットをメッシュジャケットの下に着込んで再出発しましたが、いやー、ウィンドストッパー1枚で全然違いますね。一気に快適になりました。

さて、r63からR1に入り、小田原まで進んで箱根ターンパイクに入りました。小田原からだと上りなので、トルクを効かせてワインディングを楽しめました。途中でワンボックスカーに追い付いたのですが、はみ出し追い越し禁止区間だったため車間距離を取ってのんびり流していたら、頭の悪そうな車高の低い黒の四輪車が対向車線にはみ出して追い越していきました。もう少し走れば登坂車線で安全に追い越せたのに。

それはそれとして、早朝の澄んだ空気の中、スカイラウンジに到着しました。

箱根ターンパイク ビューラウンジから望む富士山

箱根ターンパイク ビューラウンジから望む富士山

およそ07:00でしたのでラウンジのカフェは営業しておらず、一休みして、次は道の駅箱根峠へ向かいました。

今週末はどこ行こう?

この週末は最大4連休なので渋滞しそうですが、日曜は早朝に出発して箱根ターンパイク → 道の駅箱根峠 → 芦ノ湖 → 道の駅山北 → 丹沢湖、と進んだあと、

  • そのまま東名で帰る (海老名SAでソフトクリーム)
  • さらに山中湖 → 道の駅どうし → 相模湖 → 中央道で帰る

のどちらかを考えています。丹沢湖まで行った後で、時間に余裕がありそうであれば後者、なさそうなら前者、という感じでしょうか。

この二つの道の駅に行くことができれば、東京、千葉、埼玉に続いて神奈川の道の駅も制覇です。

新さんまの刺身となめろう

さんまのなめろう リベンジ

前回とほぼ同様のルートでつちや食堂へ行き、新さんまの刺身となめろうの刺身定食を食べて来ました。前回はiPhoneを自宅に忘れてしまったので写真がありませんでしたが、今回はしっかり撮って参りました。

刺身定食 新さんまの刺身となめろう

刺身定食 新さんまの刺身となめろう

大変美味しゅうございました。天気がよかったので、今回は圏央道からアクアラインで帰りました。眺望が開けていて気持ちよかったです。

さんまのなめろう @つちや食堂

新さんまの季節になりました。ということで、飯岡のつちや食堂へさんまのなめろうを食べに出掛けました。

4時過ぎに起きて身支度を整えたのですが、朝から生憎の雨です。先にバイクの準備だけでもしておこうと駐車場へ行ったのですが、部屋の鍵を持ち出すのを忘れていました。およそ1時間ほどマンションから締め出されてしまい、6時過ぎに上階の方がゴミ出しに出て来られたついでに入口を開けてもらい、ようやく部屋に戻ることができました。1時間以上のロスです。

部屋に戻ってしばらく様子を見ましたが、雨が止む気配もないのでレインスーツを着て出掛けることにしました。およそ1ヶ月振りのCB1300SFだったので、近所で慣らし運転をしてから7時過ぎに出発です。ぐいぐい引っ張られる感じのトルク感はグロムでは味わえません。

閑話休題。まずはR6で利根川まで出て、利根水郷ライン(r170→R356)で銚子方面に向かいます。およそ8時にr170に入り、9時に道の駅 水の郷さわらに到着。ここで一休みしてから再出発です。r16から南下しr56で旭方面へ向かいます。r56からr70~r28~r35と進み、r30を銚子方面に進んで10時に、目的地のつちや食堂に到着しました。

新さんま入荷の掲示を確認して店の中へ。ランチタイムにはまだ早い時間だというのに、既にほぼ満員です。たまたま座敷席が空いていたのでそこに座り、さんまの刺身となめろうの刺身定食を注文しました。待つことしばし、待望のさんまのなめろうです。

身の叩き具合は他の店のなめろうより粗いかんじですが、ねっとりした甘さがたまりません。刺身も脂が乗っていて、それでいてしつこくありません。大盛りのどんぶり飯が欲しくなりました。

旬の味を堪能したら早速帰路です。帰りは高速を使います。R126から横芝光ICに入り、東金道路~京葉道路~首都高と進み、錦糸町ICで下りてR14で帰宅しました。雨の日は下道より高速道の方が安心して走れるのは気のせいではない気がします。信号もマンホールもありませんし。

HONDA GROM 道の駅水の郷さわらにて

GROM 慣らしツーリング

CB1300SFのある生活、というブログタイトルの割には、ここ数日はGROMの話題ばかりで恐縮です。

先日、ちょっと時間ができたので、慣らしを兼ねてGROMで日帰りツーリングに出掛けてきました。目的地は飯岡のつちや食堂、またしても磯がきが目的です。

前日の晩から目が冴えて寝付けず、結局3時過ぎに出発の準備を開始し、4時過ぎに出発。前回のツーリング同様にR6から利根水郷ラインで犬吠埼方向へ進みます。途中、営業開始前の道の駅水の里さわらにて休憩。

HONDA GROM 道の駅水の郷さわらにて

HONDA GROM 道の駅水の郷さわらにて

来た道を少し引き返してr16を南下します。途中でr56に入るつもりが、そのままr16を進み、R126に入って銚子方向へ。r35で海の方へ進み、r30でつちや食堂に到着です。ただこの日は都合により08:30開店とのことで、20分ほど周辺をぷらぷらと流して再度訪問。今度は無事に入店できました。

が、衝撃の事実が発覚しました。先日からの台風のために海が荒れており、かき漁が行なわれておらず、目的の磯がきが入荷されていない、とのこと。ガックシです。ということで、作り置きがあるというカキフライ定食で今回は我慢します。

私と前後して入店したお客さんと店のオバちゃんとの会話により、なめろうはまだ始まっておらず、さんまが入荷される9月以降の開始になるということが判明しました (ある意味、自明ではあるのですが)。次はさんまのなめろうを食べに9月過ぎに訪問することを決意し、帰路へ。

続きを読む

盛夏のツーリング

基本的には年がら年中バイクで出掛けています。夏も変わらず出掛けますが、問題は服装、特に上着です。ここでは近所への買い物ではなく、片道1時間以上掛かるお出掛けやツーリングを想定しています。

半袖のTシャツ一枚で出掛けるという方がいます。転んだ時のことは一旦置いておいて、この季節は何よりも日焼けが怖いです。基本的には常時向かい風が吹いているので熱さはあまり感じませんが、両腕は紫外線に晒されています。日焼けと呼ぶと夏の風物詩的に軽く受け止めてしまいますが、医学的には日焼けは火傷と同じ熱傷ですので、実はそれなりの健康被害を及ぼします。また、紫外線は皮膚癌のリスクも高めますので、長時間に渡って無防備に肌を陽に晒さない方がよいでしょう。

ならば、長袖のTシャツならどうでしょうか? 日焼けの問題は解決しますが、風で袖がめくり上がったりバタバタとはためいたりします。この衣類のバタ付きは、意外と体力を消耗します。近場なら気になりませんが、遠出をする場合は無視できません。

そして本命のメッシュジャケットです。クソ暑い最中に長袖のジャケットを着るなんて、端から見れば狂気の沙汰です。しかも一般的な夏用のジャケットより厚手に見えます。しかしこのジャケット、その名の通りメッシュ構造になっています。軽く風が吹いた程度ではあまり恩恵を感じませんが、一度走り出せばびゅんびゅん風がジャケットを通り抜けて肌を冷ましてくれます。当然、直射日光を防いでくれますので、紫外線による日焼けの心配はありません。誰が言ったか「着る日陰」、いい例えです。

反面、ストップアンドゴーを繰り返す町乗りではあまり有難味がないかも知れません。

続きを読む

磯がき @つちや食堂

つちや食堂で磯がき

先日、どうも夏バテ気味だったので、夏が旬の磯がき (岩ガキ)を食べに行きました。目的地は犬吠埼の下、飯岡にあるつちや食堂です。朝8時から営業しているとのことで、朝食を食べに遠出してきました。

朝4時に目覚ましを掛けて5時過ぎに出発。R6を北上して柏、我孫子と過ぎて利根川の手前から利根水郷ラインに入ります。早朝だからか分かりませんが、羽虫がほとんど飛んでほらず、ヘルメットのシールドも綺麗なままで利根川の堤防の上を東へひた走ります。

道の駅水の里さわらの前を通り過ぎ、まだまだ東へ進みます。銚子に入る手前あたりで8時を過ぎました。ここらで犬吠埼まで行かずにR126に入って南下するという選択肢もなくはなかったのですが、こういう日に限ってナビを装着していなかったため、まずは犬吠埼を目指します。

続きを読む