カテゴリー別アーカイブ: CB1300SF

新型CB1300SB……だと……?

来月開催される東京モーターショーで、新型のCB1300SBが展示されるそうです。まじっすか。半年早くこの情報を知っていれば……と思わなくもないですが、それはそれ。SBだけでなくSFもモデルチェンジになるんですよね、きっと。

6速ミッション、ポジションインジケータあたりが気になります。マフラーやホイールも変更になってますね。

装備追加

先日の記事でシートバッグを装着したことを書きましたが、今日はディーラーさんに行って

を依頼してきました。これで、電池切れを心配することなく

  • WiMAXでインターネットに常時接続しながら
  • Nexus7をネットに繋げたままナビとして使いつつ
  • GoProをドラレコとして稼動させる

という環境が整いました。ここまで来ると、ツーリング先でWiMAXが使えるのかどうかというポイントの方が問題になりそうです。23区内や幹線道路沿いなら大丈夫でしょうが、ちょっと人里離れたワインディングロードなどはきっと圏外でしょう。

と思ってサービスエリアを確かめてみました。今週末に行く予定の奥多摩はUQ WiMAXの圏外です。ツーリングのメッカ、道志みちも見事に圏外です。こうなってくると、WiMAXではなくてスマホのテザリングの方が有効な気もしてきます。

それはそれとして、シートバッグ。積載量に限界はありますが、便利ですね。深く考えずにバッグにモノを放り込める幸せを感じています。これまで基本的に手ぶらでツーリングに出掛けていたのがアホらしく思えるぐらいです。こんなことならもっと早く装着しておけばよかったと反省。

Nexus 7でバイクナビ

WiMAXの契約更新で、旧式のNexus 7を無料で入手しました。仕事で既に同じものを購入していたので、見事に1台余ってしまった訳です。Nexus 7と言えばGPS内蔵でナビとしても使えると評判のタブレットです。ということでバイクに取り付けてみるべく準備しています。

タブレットをバイクに装着するには、以下のような課題をクリアする必要があります。

  • どうやってマウント(固定)するか
  • 突然の雨にどう対応するか
  • 電源をどう確保するか
  • WiFi(インターネット接続)をどうするか

まずマウント方法ですが、ドラレコ代わりのGoPROを固定していたRAMマウントを流用します。バイク側のベースとアームはそのままで、Nexus 7用のホルダを追加で購入しました。GoPROのマウント方法はまた後日検討します。おそらくGoPRO純正のマウントを使うことになるかと。

防水については、LOKSAKというジップロックの兄弟のような防水ケースに入れることにしました。サイズがいくつかありますが、Nexus 7にはMサイズがピッタリのようです。これにNexus 7を入れて、RAMマウントのホルダに固定することになります。ケース越しでもタッチパネルで操作できることは確認しましたので、おそらく問題ないと思います。

電源ですが、これもGoPro用に設置していたUSB電源を流用します。防水袋に穴を開ける必要がありますが、下から水滴が入ることはないでしょう。きっと。GoPROはスペアのバッテリが3つありますので、これで運用します。

最後の課題がWiFiです。WiMAXモデムがあるので、これに外付けのモバイルバッテリーで電源の面ではおそらく問題ないのですが、むしろ電波が入るのかどうかが問題です。最悪、自宅で経路を調べておいて、オフラインでもナビできるよう準備しておく必要があるかも知れません。iPhone5等のテザリングが利用できればよいのですが、生憎と私はiPhone4Sユーザなのです。

初洗車

去る日曜、納車から2週間が経過してガラスコーティングも安定したであろうということで、初の洗車を行いました。洗車用に手動でタンクを加圧するポータブルシャワーを購入済みでしたので、これを持ってガレージへ。全体をまんべんなく濡らして汚れが浮き上がったところで洗い流して完了。ガラスコーティング様々です。

水滴を人工セームで拭き上げ……と、ここで気付きました。センタースタンドが汚れています。しかもかなり。完全に見落としていました。チェーンルブ?と泥と水で合成された謎の物体Xがミッチリと。これはもう次回以降にホイールを磨く際に一緒に磨くことにします。

気を取り直してガラスコーティング専用のコンディショナーで磨き上げて、今回の洗車は完了しました。残った水滴を飛ばすために、軽く都内を流しに出掛けました。行き先は決めていませんでしたが、これまで走ったことのなかったR1に挑戦してみることに。と、日本橋がイベントで通行止めです。さっそく挫折しそうになりましたが、迂回して永代通りに出て日比谷通り、内堀通りと進みましたが、その先を直進してしまいました。

皇居をぐるっと一周して再度内堀通りに戻り、桜田通りに左折。今の勤務地の前を通って慶應の正門の方へ右折し、五反田の方へ。このあたりで総走行距離がゾロ目の777kmになりました。そのまま第二京浜を南下し、新幹線の高架下を潜り、多摩川を渡り、川崎へ。この辺りで復路に就きました。

そのままR1を戻るのも芸がないので、少しr140で内陸の方へ進み、r2で戻ることにしました。途中、丸子橋手前の交差点だったと思いますが、数台前の車が右カーブの先で右折待ちのため(?)に急停止し、私の前の車が急ブレーキ、私も教習所の急制動以上のフルブレーキで停車しました。後続車がいなくてよかったです。本当に。

まあそんな感じで、今回は100km弱走りました。やっぱり下道は時間ばかり掛かって距離は稼げませんね。

CB1300SF納車

5月に注文したCB1300SFがついに納車されました!

CB1300SF ABS

CB1300SF ABS イタリアンレッド

午前にディーラーさんへ行き、バイクを受け取りました。映えるイタリアンレッドに高級感のある金のパーツを、黒と銀がきっちり締めたデザインになっています。ううむ、完璧です。

え? CB400SFと見た目が同じじゃないかって? 確かに写真は平面的なので違いが分かりにくいですが、実物の存在感は圧倒的です。3倍以上の排気量は伊達ではありません。エンジンもデカいですしガソリンタンクもデカいです。

さっそく慣らし運転に出ました。トルクが凄いです。迂闊にアクセルを回すと猛烈な加速です。丁寧にアクセルを開かないとウィリーでもしてしまいそうです。ライディングポジションは疲れを感じさせずにちょうどいい感じです。車高が高いからか、足も窮屈な感じはあまりしません。両足ともべたっと地に付きますが、CB400SFほど膝に余裕はありません。そういう意味では少し緊張します。

クラッチは明らかに重いです。シフトレバーはカコッという感じではなく(ガコッ+ザクッ)/2という感じで、少なくとも今はまだ気持ち良くシフトチェンジできません。車体はCB400SFとは比べものにならないほど重く、正直、取り回しは楽ではありません。あと、走り出すと結構熱いです。

そんなことを感じながら都下を流していたのですが、16時前にゲリラ豪雨に捕まってしまいました。這う這うの体で九段下の首都高下に逃げ込み、そこで2時間ほど雨宿りをした後に再度ディーラーさんへ行き、免許取得キャンペーンのキャッシュバックを受け、帰宅しました。

明日は外房方面へ遊びに行こうかと考え中です。