カテゴリー別アーカイブ: CB1300SB SE

伊豆ツーリング

大衆磯料理 磯辺ロングスクリーンを装着した効果を確認すべく、伊豆へツーリングに出掛けました。

自宅を08:30頃に出発し、首都高から東名へ。東名では渋滞に巻き込まれつつ、小田原厚木道路へ。ここは白バイやら覆面やらがパトロールしているので、左側の車線を大人しく走行。小田原のPAで一休みしてから小田原西ICで下りて、まずはターンパイクへ。今はネーミングライツの関係で「アネスト岩田 ターンパイク箱根」という名称になっているようです。

ターンパイクは何回目かですが、今回はキ○ガイのような二輪にも四輪にも出喰わすことなく、平和に通過できました。ターンパイクを出たら、次は伊豆スカイラインへ。こちらも概ね順調に走ることができました。

磯部の鯵丼終点の天城高原ICでスカイラインを下りて大室山に沿って海岸へ下り、R135を南下します。ちょうどいい時間になったので、昼食を取ることにしました。ナビに鯵丼で有名な磯辺を入力してその通りに進んだのですが、ナビされた場所には店の影も形もありません。仕方なしにそのままR135を下っていたところ、突如磯辺の看板が目に飛び込んできました。ウィンカーを出して無事に駐車場へ滑り込むことに成功。あのナビは何だったんだろう?

磯辺では定番の鯵丼を頂きました。噂に違わぬ盛られっぷりで、甘めの味付けが私の好みともマッチし、大満足。丼が気持ち小さめなのがちょうどよいボリュームでした。

ここからR135で下田まで下ってR414で少し北上し、r15で松崎町へ。途中の道の駅 花の三聖苑伊豆松崎で一休み。どうも松崎町では農閑期の田んぼを花畑にしているようですが、事前情報を得ていなかったので華麗にスルーしてしまいました。

松崎町からr121で蛇石峠を経由して南伊豆町へ。今度は道の駅 下賀茂温泉湯の花で一休み後、この日の宿にチェックイン。1時間ほど周辺を散歩してから源泉100%掛け流しの露天風呂に入浴、夕食、就寝。

続きを読む

ロングスクリーン レビュー

先日の記事で書いたように、CB1300SBのノーマルのスクリーンをフォルスデザインツアラースクリーンに換装しました。高速を使って九十九里方面にツーリングに出掛けて往復2時間ほど使ってのレビューです。

ノーマルのスクリーンから10cmほど長くなったようですが、まず見た目はまったく問題ありません。ツライチになるように専用のベースも備えており、見た目に不自然さはありません。カウル上部の形状との一体感が多少失なわれた感じがある程度でしょうか。スクリーンそのものはあまり分厚くはないため、手が当たったりするとちょっと頼りなく感じますが、走行する上では何の問題もありません。

乗り出してまず気付いたのが、1速発進時のビリつきです。それ以外のギアではビリつきません。1速を使うのは発進時のみなので気にしなければ気になりませんが、気にすると気になるかも知れません。おそらく個体差だと思いますので、他も同じかどうかは不明です。

18/04/11追記: 次第に上のギアでもビリつくようになってきました。1速発進〜2速〜3速あたりまでビビり音が鳴っています。12ヶ月点検はもうちょっと先なので、GW前にディーラーさんに診てもらおうかと考え中です。

走行時ですが、80km/h以下だと快適そのものです。風の影響を感じることはなく、(気のせいかも知れませんが) 風切り音のノイズも抑制された印象があります。

100km/hを越えたあたりから肩に風が当たるような感じがし、このところ悩まされているヘルメットまわりの風切り音ノイズが発生します。このノイズはロングスクリーンに換装しても解決はしませんでした。残念。頭の形か大きさの問題なのかも知れません。SHOEIのフィッティングサービスを受けてみましょうかね。

閑話休題。速度が上がるにつれ、ロングスクリーンの効果が弱くなるような気がします。オーディオ趣味でもそうなのですが、どうも私は違いの分からない男のようです。カウルの効果を享受すべく、もっと前傾姿勢になった方がよいのかも知れませんが……

CB1300SB用ロングスクリーン

このところのツーリングの悩みがノイズでした。特に高速道で100km以上出すと、ヘルメットの耳の後ろあたりでごうごうと風切り音が鳴り、バイクを下りると一時的にしばらく軽い難聴気味になるという状況でした。

ライダー用の耳栓を試したり、ヘルメットと首との隙間がなくなるようネックゲイターの類いを挟んでみたりしましたが、これといった解決策がありません。そもそも風がヘルメット(より下のあたり)に当たるのがよくないような気がしています。

ホンダ純正のウィンドスクリーンもありますが、どうも評判がよくないようです。曰く、ビリつく。曰く、効果がない。等々。サードパーティのロングスクリーンを探してみたところ、最近になってようやく14年モデルに対応したものがリリースされ始めていたようです。

一つがフォルスデザインのロングスクリーン、もう一つがゼログラビティのシリーズです。私のCB1300SBはツアラー指向でカスタマイズしていますので、これらの中で最も長いイコール防風効果が高いであろう、フォルスデザインのロングスクリーンのうちのツアラースクリーンを取り付けることにしました。ツライチになるようなベースも付属するようです。

フォルスデザインに問い合わせたところ、納期は1ヶ月ほどとのことでした。車体に合わせてガラスコーティングも施工してもらうため、一切合切をディーラーさんに任せることにしました。少々割高になりますが、気にしない方向で。

2018/03/04追記: ディーラーさんにて取り付けてもらいました。レビューはまた後日。

6ヶ月点検

CB1300SBが納車されてから6ヶ月が経過し、これまでに5,000km弱を走りました。ディーラーさんからも案内の葉書が届いたので、6ヶ月点検をお願いすることにしました。新車購入の特典で、工賃無料で点検を受けられます。

今回の点検に合わせて、

  • オイル交換、フィルター交換
  • USB電源の設置
  • ヒーテック(手袋)の配線
  • 洗車(+コンディショナー塗布)

もお願いすることにしました。USB電源はサインハウスのPOWER SYSTEM 5V6Aキット2です。電源ユニット本体はシート下に設置し、3つ口のうち一つは延長ケーブルでハンドルバーまで伸ばしてもらいます。iPhoneX購入で使い道のなくなったiPhone6sをナビに流用する予定です。ヒーテックの配線は使う時だけ接続するのでバッテリー直結です。

今回はちょっと時間が掛かるとのことで、バイクを預けて帰りました。23日に受け取る予定です。

J-Trip フロントスタンド

J-Tripのフロントスタンドを購入したので、台風が来る前に足回りを軽くメンテナンスしてみました。

事前にセンタースタンドで後輪を持ち上げておきます。フロントスタンドに付属の紙マニュアルにはセンスタではなくメンテスタンドを使うよう書かれていましたが、面倒だったので今回はセンスタで代用します。一応、CB400SF時代に購入したJ-Tripのショートスタンドがありますが、持ち運びが面倒だったので……

さて、複数のバイクに対応するために、フロントスタンドには複数のカラーが付属してきます。CB1300SBのステアリングステムの穴に適合するのは小さい方から3つ目、19mmのカラーです。これをボスにネジ止めしてスタンドに装着します。

その後はマニュアル通りにボスをステアリングステムの穴に…… って、入れられません。ワイヤークランプがすぐそばにあり、ブレーキワイヤーが干渉してしまいます。そこで、ワイヤークランプを固定しているボルト (10mm)をレンチで外します。これでボスがステムの穴に入るようになります。

念の為、フロントフェンダーにウェス等を掛けておいて傷が付かないようにしてからボスをステアリングステムの穴に入れ、フロントスタンドで持ち上げます。ほとんど力を入れる必要もなくあっさりと持ち上がりました。素晴らしいです。

続きを読む

純正パニアケース その2

CB1300SB パニアケース取り付け8耐が終わって (10位入賞おめでとうございます!) 、ディーラーさんが夏休みに入る前に純正パニアケースを取り付けてもらってきました。

前回の記事でも書いたように、パニアケース本体は私の方で手配してディーラーさんへ送付済みです。これにパネルを付けてガラスコーティングをしてもらい、リアキャリアとサポートステイを取り付けてもらいました。

キャンディアルカディアンレッドのパネルがガラスコーティングのお蔭でよりテラテラと輝いており、質感を高めることに成功しています。黒赤の本体のカラーリングにもよくマッチしていて、言うことなしです。骨太のキャリアには荷物を取り付けられるようになっていますので、これまで使っていたTANAXのエアロシートバッグもまだまだ活用できそうです。

バイク本体のイグニッションキーとは別のキーを持ち歩かずに済むワンキーシステムはとても便利でいいですね。鍵の開け閉めには少しコツが要りますが、ご愛嬌のレベルなので特に不満はありません。また、ケース本体はプラスチックなので総アルミのAlu Exclusivに比べると質感は少々劣りますが、純正ならではのバイクとの一体感はやはり圧倒的です。

見えないところでは、タンデムステップの金具の先端に保護用のゴムキャップが付けられ、パニアケースの下部を支えるようになっています。また、リアウィンカーもパニアケースと干渉しないよう数cm後ろへステイで取り付け直されています。

一点、乗り降りの際にパニアケースにつま先や踵をぶつけてしまわないよう注意が必要です。

バイク用ドラレコ

ドライブレコーダー

CB1300SFに乗っていた頃は定番のアクションカム・GoPROをドラレコ代わりに使っていましたが、バッテリーの容量が小さくすぐ電池切れを起こすため、USB電源から充電をしながらの運用でした。防水ケースに穴を空けたりスケルトンケースを使わざるを得ない訳で、当然防水性が犠牲になっていた訳です。

防水性を気にせずバッテリー切れも意識せずに利用できるドラレコとなると、選択肢としては汎用のアクションカムではなくバイク専用のドラレコに絞られます。いくつかよさそうな製品がありますが、今回はアサヒリサーチのBS-8を購入しました。防塵防水性能はIP56相当、バッテリーの持ちは8時間、となればドラレコとして十分な性能です。

単体でヘルメットに取り付けられるようマウントも同梱されていますがこれは使わず、これまで通りにRAMマウントを使ってハンドルバーに設置することにしました。オプション品の三脚マウントが直販サイトにありますので、これとRAMマウントのカメラホルダを接続すればOKです。

本体のネオジム磁石で三脚マウントにガッチリ固定できます。録画開始はドラレコ上面の録画開始ボタンを長押しするだけの簡単操作です。今週末のツーリングでデビュー予定です。

続きを読む

純正パニアケース その1

2017/08/06追記: 純正パニアを取り付けました。取り付け後の写真はこちらの記事を参照して下さい。

純正パニアケースCB1300SBには収納としてシート下の他にカウルの左右にポケットがあります。シート下はレインコートを入れられる程度の広さはありますが、ちょっとしたツーリングに出掛けるには心許無いです。カウルのポケットもこれはこれで便利ですが、財布を入れたりできる程度のサイズで、小さいペットボトルすら入りません。

日帰りツーリングはともかく、1泊ぐらいなら荷物を絞り込めば何とかならなくもないですが、1泊以上するようなツーリングや土産物の購入を考えると、しっかりしたケースが欲しくなるのが人情というものです。CB1300SBには純正のトップボックスパニアケースが用意されていますが、今回はパニアケースを設置することにしました。トップボックスも便利なんでしょうけど、私の美的感覚にはちょっと合わないので今回はパス。

思い立ってすぐディーラーさんに問い合わせたところ、パニアケースを工場に注文すると納期が09/01になるとの回答。夏休みの後になってしまい、とてもじゃないですが待てません。パニアケースはこちらで購入して、ステーの類のみディーラーさんに手配してもらうことにしました。

さて、この純正パニアケースには装飾用のパネルを張り付けることができますが、CB1300SB用に用意されているのは白とシルバーです。白赤モデルのCB1300なら白のパネルがピッタリなんでしょうが、黒赤モデルに白のパネルは間抜けな感じですしシルバーも何か違います。色々と調べてみたところ、インテグラが同じ純正パニアケースに対応しており、このインテグラ用にはキャンディアルカディアンレッドのパネルが用意されていることが分かりました。黒いケースに赤いパネルなら、車体の色ともマッチしそうです。

ということで、このインテグラ用のパネルも注文し、また、外装品なのでガラスコーティングも追加でお願いしました。取り付けはディーラーさんの都合でまた後日になりました。取り付けましたら改めて記事をアップします。

初回点検

カレンダー

先日のことですが、納車から1ヶ月が経過しましたので初回点検に出してきました。ドリーム店のメンテナンスパックに入っているので工賃無料で受けられますが、そうでなくても初回点検だけはホンダ車なら購入した店舗で無料で受けられるようになっているようです。

この時点での総走行距離は600km。まだオイル交換には早いかなとも思いましたが、まあどうせ近いうちに交換するんだったら今回でもいいやということで、ディーラーさんお薦めのelfのオイルに交換してもらいました。オイル交換の工賃も無料なのはいいですね。

一通り点検してもらってパニア取り付けについて相談して帰りました。パニアについては別途記事を起こす予定です。

帰り着いてから、コントロールユニットAの取り外し方とETC車載機の配線について質問し忘れていることを思い出しました。また次の機会に質問することにします。

ETC車載器の配線

先の記事の1枚目の写真を見て頂くと、ETC車載器の配線がバッテリーカバーの上部に出ていることがお分かりになると思います。シートのフックに引っ掛けて断線させてしまいやしないかと毎回ヒヤヒヤしておりました。

今回、バッテリーを外すためにCB1300SBのマニュアルに目を通したのですが、このマニュアルではどうも配線はバッテリーカバーの下、コントロールユニットBとの間を通すように書いてあるようです。

ETCの配線 (CB1300SBマニュアルより)

ETCの配線 (CB1300SBマニュアルより)

この点も次回のメンテ時に確認してみようと思います。