カテゴリー別アーカイブ: バイク

群馬ツーリングの準備

旅行の準備いよいよ明後日の10日から1泊で群馬ツーリングに出掛けます。首都圏ツーリングプランの申し込みも済ませ、宿も予約済みです。

ちょっと前まで11日の天気は崩れるような予報でしたが、今では11日も雨は降らなさそうな予報になっています。日頃の行いのよさ、ですね。これなら11日は妙義山や榛名山、赤城山のいわゆる上毛三山を回れそうです。

バイクにはパニアケースを取り付けて積載性を確保し、着替えだけでなくレインコートやちょっとしたメンテ用品、土産物も詰め込めるようになりました。先日の富士山ツーリングではシート下に着替え等を押し込みましたが、荷物をかなり絞らざるを得ませんでした。しかしもうそんな心配はなくなりました。パニアケース万歳です。

純正パニアケース その2

CB1300SB パニアケース取り付け8耐が終わって (10位おめでとうございます!) ディーラーさんが夏休みに入る前に、パニアケースを取り付けてもらってきました。

前回の記事でも書いたように、パニアケース本体は私の方で手配して先方へ送付済みです。これにパネルを付けてガラスコーティングをしてもらい、リアキャリアとサポートステイを取り付けてもらいました。

キャンディアルカディアンレッドのパネルがガラスコーティングのお蔭でよりテラテラと輝いており、質感を高めることに成功しています。本体のカラーリングにもよくマッチしていて、言うことなしです。骨太のキャリアにはバッグを取り付けられるようになっていますので、これまで使っていたTANAXのエアロシートバッグもまだまだ活用できそうです。

バイク本体のイグニッションキーとは別のキーを持ち歩かずに済むワンキーシステムはとても便利でいいですね。鍵の開け閉めには少しコツが要りますが、ご愛嬌のレベルなので特に不満はありません。また、ケース本体はプラスチックなのでアルミのAlu Exclusivに比べると質感は劣りますが、純正ならではのバイクとの一体感はやはり圧倒的です。

見えないところでは、タンデムステップの金具の先端に保護用のゴムキャップが付けられ、パニアケースの下部を支えるようになっています。また、リアウィンカーもパニアケースと干渉しないよう数cm後ろへステイで取り付け直されています。

一点、乗り降りの際にパニアケースにつま先や踵をぶつけてしまわないよう注意が必要です。

夏休みのツーリング計画

キャベツディーラーさんが先日の8耐参加で忙しかったらしく、今週末にようやくパニアケースを取り付ける予定です。

今年の私の夏休みは世間より1日早い10日からなので、この日からさっそくツーリングに出掛けようと考えています。今回もおなじみ首都圏ツーリングプランを使って関越道・上信越道・東北道コースで群馬方面へ出掛ける予定です。

具体的には、上記プランでギリギリ行ける碓氷軽井沢ICから北上して鬼押ハイウェー → 万座ハイウェー → 志賀草津高原ルート (R292) 、という感じの定番コースを巡ります。R292で道の駅 北信州やまのうちに到着したらここで折り返し、今度は草津まで出て、つまごいパノラマラインの北ルートでこの日の宿の鹿沢温泉まで移動してここで一泊、という感じ。時間に余裕があれば南ルートも通ってみたいですね。

翌日のルートは天気次第ですが、浅間山 → 妙義山 → 榛名山 → 赤城山 → 沼田ICから帰宅、と考えています。天気が悪い時はまっすぐ帰ります。

岩牡蠣ツーリング

牡蠣

この土日は首都圏ツーリングプランの東関東道・館山道コースを使って、土曜は犬吠埼方面へ、日曜は野島埼方面へ、それぞれツーリングへ出掛ける予定でした。結論から言えば日曜は体調を崩してしまい、ツーリングは土曜だけになってしまいました。

さて、土曜は神田橋ICから首都高に乗って大井PAで一休みしてからアクアライン~圏央道で松尾横芝ICへと進み、ここで高速道を降りてR126で銚子方面へ。途中で飯岡のつちや食堂で岩牡蠣の定食を食べてから再びR126に戻り、途中で銚子ドーバーライン (r286)に入って犬吠埼へ。しかし何だか面倒臭くなってきて灯台へ行かずそのままr244で銚子市街地へ進み、利根水郷ライン (R356)へ。

ひたすら道形に進み、香取の道の駅 水の郷さわらで一休み。暑さのせいか異様に疲れていたのでソフトクリームでカロリーを摂取しエナジードリンクで発奮して出発。途中のGSで給油して佐原香取ICから東関東道へ。帰りは渋滞らしい渋滞に捕まることもなく、そのまま京葉道路~首都高で錦糸町ICで降りて靖国通りで帰宅しました。

シャワーを浴びて一休みしてから夕方からは水道橋の京城で焼肉。希少部位の盛り合わせを頂きました。食べ過ぎて翌日は腹を壊し、日曜のツーリングは中止。この日は曇りで気温もあまり上がらず、折角なので夕方前に洗車しました。

いつものように携帯用シャワーポンプで水を掛けて汚れを浮かせて流すだけの簡単洗車。合成セーム革で水分を吹き取って、ガラスコーティング専用のコンディショナーで拭き上げます。このコンディショナーを使うことで、ガラスコーティングの輝きが戻りました。効果は絶大です。あとはポイントポイントにルブやらシリコーンスプレーやらを吹いて洗車完了。次の機会にはタイヤまわりのホイールやキャリパーあたりも腰を据えて清掃したいですね。

今週末のツーリング

今週末は土曜の夜に友人と焼肉の予定があるので、日帰りツーリングを2回しようと考えています。今回も首都圏ツーリングプランを利用しますが、アクアラインを走りたいので東関東道・館山道コースですね。例によって2,500円の定額で区間内の高速道は2日間乗り降り自由です。

土曜は夏が旬の岩牡蠣を食べに飯岡のつちや食堂 → 屏風ヶ浦 → 犬吠埼 → 霞ヶ浦 、日曜は鋸南のばんや食堂で朝食 → ビンゴバーガー → 安房グリーンライン往復 → もみじロード 、というところでしょうか。詳細はその日の気分で決めてしまいましょう。

富士山ツーリング

げんこつ

先の記事でも触れました首都圏ツーリングプランを使い、この土日は富士山ツーリングに出掛けました。

7時過ぎに出発して神田橋ICから首都高に乗ろうとして筋を一本間違えてしまいそのまま渋谷まで進み、渋谷ICから首都高に乗って東名で御殿場へ。途中で渋滞に巻き込まれましたが、そこは二輪車の身軽さで以下省略。10時過ぎに御殿場ICに到着しました。

最初の目的地はさわやか御殿場インター店です。開店の20分前で既に先客が並んでおり、私が13組目。それでも開店後すぐに席に着くことができました。注文したのはお約束のげんこつハンバーグ。うーん、美味しいことは美味しいんだけど、うーん、騒ぐほどのことはないんじゃないのかなぁと思わなくもない気がしないでもないです。一点、オニオンソースが冷めてるのはどうにかした方がよい気がします。

気を取り直して御殿場から富士山スカイラインに入ります。下道は30℃を越えていましたが、富士山の裾野を上るにつれて次第に涼しくなっていきます。木立からの木漏れ日を浴びながら五合目まで上がると、気温は25℃ほど。雨が降りそうな雲行きでしたが、降り始めることなく無事に下山できました。なお、途中で来夢先輩とすれ違いました。

続きを読む

首都圏ツーリングプラン

富士山

NEXCO東日本とNEXCO中日本で、ある一定区間内の高速道路を2日間、2,500円定額で利用できる「首都圏ツーリングプラン」が開始されました (NEXCO中日本はこちら)。詳細はリンク先を参照して頂くとして、ツーリングが趣味の身にとっては、このプランはとても有り難い話ですね。

貧乏っちい話で恐縮ですが、ちょっと遠出して帰りだけ高速道を使った場合でもこの金額近くになりますので、往復すれば簡単に元は取れます。しかも区間内で乗り降りすることで、よりお得に利用することができます。

さっそくこの週末に、東名・中央道コースで富士山方面にツーリングに出掛けたいと思います。

なお、このプランの利用にはETCが必須ですのでご注意を。また、各NEXCOへのユーザ登録と利用前の予約も必要です。

バイク用ドラレコ

ドライブレコーダー

CB1300SFに乗っていた頃は定番のアクションカム・GoPROをドラレコ代わりに使っていましたが、バッテリーの容量が小さくすぐ電池切れを起こすため、USB電源から充電をしながらの運用でした。防水ケースに穴を空けたりスケルトンケースを使わざるを得ない訳で、当然防水性が犠牲になっていた訳です。

防水性を気にせずバッテリー切れも意識せずに利用できるドラレコとなると、選択肢としては汎用のアクションカムではなくバイク専用のドラレコに絞られます。いくつかよさそうな製品がありますが、今回はアサヒリサーチのBS-8を購入しました。防塵防水性能はIP56相当、バッテリーの持ちは8時間、となればドラレコとして十分な性能です。

単体でヘルメットに取り付けられるようマウントも同梱されていますがこれは使わず、これまで通りにRAMマウントを使ってハンドルバーに設置することにしました。オプション品の三脚マウントが直販サイトにありますので、これとRAMマウントのカメラホルダを接続すればOKです。

本体のネオジム磁石で三脚マウントにガッチリ固定できます。録画開始はドラレコ上面の録画開始ボタンを長押しするだけの簡単操作です。今週末のツーリングでデビュー予定です。

続きを読む

純正パニアケース その1

純正パニアケースCB1300SBには収納としてシート下の他にカウルの左右にポケットがあります。シート下はレインコートを入れられる程度の広さはありますが、ちょっとしたツーリングに出掛けるには心許無いです。カウルのポケットもこれはこれで便利ですが、財布を入れたりできる程度のサイズで、小さいペットボトルすら入りません。

日帰りツーリングはともかく、1泊ぐらいなら荷物を絞り込めば何とかならなくもないですが、1泊以上するようなツーリングや土産物の購入を考えると、しっかりしたケースが欲しくなるのが人情というものです。CB1300SBには純正のトップボックスパニアケースが用意されていますが、今回はパニアケースを設置することにしました。トップボックスも便利なんでしょうけど、私の美的感覚にはちょっと合わないので今回はパス。

思い立ってすぐディーラーさんに問い合わせたところ、パニアケースを工場に注文すると納期が09/01になるとの回答。夏休みの後になってしまい、とてもじゃないですが待てません。パニアケースはこちらで購入して、ステーの類のみディーラーさんに手配してもらうことにしました。

さて、この純正パニアケースには装飾用のパネルを張り付けることができますが、CB1300SB用に用意されているのは白とシルバーです。白赤モデルのCB1300なら白のパネルがピッタリなんでしょうが、黒赤モデルに白のパネルは間抜けな感じですしシルバーも何か違います。色々と調べてみたところ、インテグラが同じ純正パニアケースに対応しており、このインテグラ用にはキャンディアルカディアンレッドのパネルが用意されていることが分かりました。黒いケースに赤いパネルなら、車体の色ともマッチしそうです。

ということで、このインテグラ用のパネルも注文し、また、外装品なのでガラスコーティングも追加でお願いしました。取り付けはディーラーさんの都合でまた後日になりました。取り付けましたら改めて記事をアップします。

2017/08/06追記: 純正パニアを取り付けました

ちょいとツーリング

道の駅 発酵の里こうざきにて

道の駅 発酵の里こうざきにて

利根川方面へちょいとツーリングへ出掛けてきました。朝の08:30頃に出発したところ、そこかしこでちょこちょことした渋滞に捕まり、R6をおよそ1時間北上してようやく利根川に出ることができました。

そこから定番のR356 利根水郷ラインで東で進んだのですが、こちらも何箇所かある信号ごとに軽い渋滞が発生していました。初夏の暑さもあり、途中で結構ゲンナリ気味です。今回は道の駅発酵の里こうざきで一休みしてその先へは行かず、帰ることにしました。

道の駅のカフェでカツサンドとコーヒーで軽く食事を済ませて甘酒で更に栄養を補給し、神崎ICから圏央道で帰路に就きました。圏央道は車が少なくて快適でしたが、その先の東関東道、湾岸線と進むにつれ渋滞こそないものの車が次第に詰まってきました。途中から深川線に折れて福住出口で下り、そのまままっすぐ帰りました。湾岸線を使わずに京葉道路→小松川線の方が近かったかも。

それにしても辰巳JCTからの首都高の外壁の低さはドキドキものですね。二輪車が事故ったらライダーは高架から放り出されてしまいそうな……