Raspberry Pi 2でPlanex GW-450D その2

先の記事の手順で一応はWiFiを5GHzで利用できるようになりましたが、釈然としません。ということで、クロス環境を用意してみました。

詳細な手順はこちらのサイトに整理されているので再掲しません。私はVMWare上のDebian Wheezy 64bit環境に構築したのですが、カーネルのビルドは15分程度で済みました。注意点として、

  • toolsのgcc等を実行できない (コマンドを実行してもcommand not foundになる) 場合は libc6-i386 をインストール
  • libz.so.1がnot foundというエラーが出る場合はlib32z1をインストール
  • linaroのコンパイラはlibc6-2.14依存っぽいので素のWheezyでは使えないかも

の三点が挙げられます。また、特にカーネルオプションを変更しないのであれば、make menuconfigでなくoldconfigでもよいかも知れません(この場合はncurses-devが不要)。

もう一点、先の記事にも書きましたが、5GHzでも利用できるようにするにはRT2870STA.datのWirelessModeの値を5に変更する必要があります。これが9のままだと2.4GHzしか利用できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です