箱根ターンパイク ビューラウンジから望む富士山

神奈川道の駅ツーリング その1

長いこと後回しにしてしまっていた神奈川の道の駅へ行って参りました。朝3時に起きて4時半に出発です。まだ9月なのでそんなに寒いということもなかろうと、夏用のインナーの上にメッシュジャケットを羽織って出掛けましたが、念の為にミドルレイヤーのウィンドストッパージャケットをシート下に入れておいたのが正解でした。

行きは下道を利用します。まずR246をひた走ります。都内を抜けるまではそんなにスピードも出ないので問題ではなかったのですが、二子玉川を過ぎたあたりから車の流れが速くなり、それに伴って体感温度がぐんぐん下って行きます。しばらくは我慢できたのですが、次第に我慢ができなくなり、小田原厚木道路と併走するr63にあるコンビニで一休み。ここでおよそ05:30、出発から一時間が経過してちょうど日の出の時刻だったようです。ウィンドストッパージャケットをメッシュジャケットの下に着込んで再出発しましたが、いやー、ウィンドストッパー1枚で全然違いますね。一気に快適になりました。

さて、r63からR1に入り、小田原まで進んで箱根ターンパイクに入りました。小田原からだと上りなので、トルクを効かせてワインディングを楽しめました。途中でワンボックスカーに追い付いたのですが、はみ出し追い越し禁止区間だったため車間距離を取ってのんびり流していたら、頭の悪そうな車高の低い黒の四輪車が対向車線にはみ出して追い越していきました。もう少し走れば登坂車線で安全に追い越せたのに。

それはそれとして、早朝の澄んだ空気の中、スカイラウンジに到着しました。

箱根ターンパイク ビューラウンジから望む富士山

箱根ターンパイク ビューラウンジから望む富士山

およそ07:00でしたのでラウンジのカフェは営業しておらず、一休みして、次は道の駅箱根峠へ向かいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です