盛夏のツーリング

基本的には年がら年中バイクで出掛けています。夏も変わらず出掛けますが、問題は服装、特に上着です。ここでは近所への買い物ではなく、片道1時間以上掛かるお出掛けやツーリングを想定しています。

半袖のTシャツ一枚で出掛けるという方がいます。転んだ時のことは一旦置いておいて、この季節は何よりも日焼けが怖いです。基本的には常時向かい風が吹いているので熱さはあまり感じませんが、両腕は紫外線に晒されています。日焼けと呼ぶと夏の風物詩的に軽く受け止めてしまいますが、医学的には日焼けは火傷と同じ熱傷ですので、実はそれなりの健康被害を及ぼします。また、紫外線は皮膚癌のリスクも高めますので、長時間に渡って無防備に肌を陽に晒さない方がよいでしょう。

ならば、長袖のTシャツならどうでしょうか? 日焼けの問題は解決しますが、風で袖がめくり上がったりバタバタとはためいたりします。この衣類のバタ付きは、意外と体力を消耗します。近場なら気になりませんが、遠出をする場合は無視できません。

そして本命のメッシュジャケットです。クソ暑い最中に長袖のジャケットを着るなんて、端から見れば狂気の沙汰です。しかも一般的な夏用のジャケットより厚手に見えます。しかしこのジャケット、その名の通りメッシュ構造になっています。軽く風が吹いた程度ではあまり恩恵を感じませんが、一度走り出せばびゅんびゅん風がジャケットを通り抜けて肌を冷ましてくれます。当然、直射日光を防いでくれますので、紫外線による日焼けの心配はありません。誰が言ったか「着る日陰」、いい例えです。

反面、ストップアンドゴーを繰り返す町乗りではあまり有難味がないかも知れません。

もちろん、メッシュジャケットにもデメリットはあります。上述の通り、風が吹かないとただの長袖のジャケットです。比較的タイトな作りで、デザイン的にもそのまま街中を歩くには向かないものも多いです。そういう意味では、ジャケットの他にもう一枚、半袖のシャツなど羽織れるものを持ち歩くのがよさそうです。

メッシュジャケットのメリットをより大きくするには、アンダー(インナー)に一工夫必要です。それは冷感、吸汗、速乾、等の高機能繊維によるアンダーを着ることです。風通しのよいメッシュジャケットを着ていても、多少の汗をかきます。アンダーが綿のTシャツをだといつまでもじんわりじっとり、気化熱による涼しさよりも不快感が勝る場合が多いです。高機能繊維のアンダーだと、多少汗をかいても吸汗、速乾機能により、肌はさらっと快適に保たれます。

メッシュジャケットの下に半袖Tシャツを着る場合は、高機能繊維のアームカバーを装着することをお勧めします。そのままジャケットを羽織るよりさらりとしますし、走り出してからも快適です。

上着ではありませんが、ヘルメットの下にも高機能繊維のインナーキャップを被ると、蒸れが多少改善され、髪型の乱れも多少防げます (ペタンコになるのはどうしようもありません)。インナーキャップのもう一つのメリットとして、頭皮からの皮脂や汗によるヘルメットの汚れも防げます。ファブリーズのような除菌・消臭剤なしでもいつまでも臭わないフルフェイスは快適そのものです。

意外と忘れがちなのが首、特にうなじです。ここもヘルメットと襟の隙間で日焼けしやすいポイントです。汗が流れる首筋も快適にするに、高機能繊維のネックゲイターやスカーフ、マフラーを利用することも検討しましょう。

夏場にメッシュジャケットを着用するもう一つのメリットとしては、ジャケットにプロテクターを仕込めることです。プロテクターにより通気性は阻害されますが、安全性と快適さがトレードオフの関係にあるのはまあ仕方がないと諦めましょう。また、ジャケットを脱ぎさえすれば、プロテクタからも開放されます。

また、ジャケット自体が簡易的なプロテクターになります。つまり、跳ね上げられた小石や砂が肌に当たることを防ぎます。夏場ですと走行中に羽虫のみならず甲虫とぶつかることもありえます。ヘルメットにぶつかっても結構な衝撃ですが、これが素肌にぶち当たるとそれなりに痛そうです。挙句、素肌の上で潰れてしまった日には、ちょっとしたトラウマものです。

という訳で、私なりの結論といたしましては;

  • 夏は暑くてもメッシュジャケット
  • 高機能繊維のアンダー/インナーで快適さup
  • プロテクターも忘れずに
  • ジャケットを脱いだ後に羽織るシャツも欲しい

近所へ買い物に出掛ける程度ならTシャツでも構わないと思いますが、プロテクターは身に付けたいですね。そうするとやっぱりメッシュジャケットを羽織るしかないのかも。

盛夏のツーリング」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 半袖走行 | CB1300SFのある生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です