磯がき @つちや食堂

つちや食堂で磯がき

先日、どうも夏バテ気味だったので、夏が旬の磯がき (岩ガキ)を食べに行きました。目的地は犬吠埼の下、飯岡にあるつちや食堂です。朝8時から営業しているとのことで、朝食を食べに遠出してきました。

朝4時に目覚ましを掛けて5時過ぎに出発。R6を北上して柏、我孫子と過ぎて利根川の手前から利根水郷ラインに入ります。早朝だからか分かりませんが、羽虫がほとんど飛んでほらず、ヘルメットのシールドも綺麗なままで利根川の堤防の上を東へひた走ります。

道の駅水の里さわらの前を通り過ぎ、まだまだ東へ進みます。銚子に入る手前あたりで8時を過ぎました。ここらで犬吠埼まで行かずにR126に入って南下するという選択肢もなくはなかったのですが、こういう日に限ってナビを装着していなかったため、まずは犬吠埼を目指します。

犬吠駅のあたりからドーバーライン (r286)の方へ進路転換し、今度は西へ向かいます。さらに進んでR126に入り、飯岡バイパス入口の交差点からから九十九里ビーチライン (r30)に入り、海沿いを進みます。しばらく進んでも見つからなかったのですが、そろそろ引き返してみた方がよいかなと考え始めた頃に飯岡海水浴場にさしかかり、その向かいにあるつちや食堂を発見しました。

つちや食堂

つちや食堂

写真にもあるように、貝類の販売所に併設された食堂です。出された冷水を飲み干して、生かきと刺身定食(イカとカツオ)を注文しました。で、出されたのがトップの写真にある磯がき (岩がき)です。第一印象は、でかい。レモンを絞って醤油を1~2滴たらして箸でつまんで口に運びます。生臭くない。ぬたっとておらず、ぷりっとして歯触りもよく、うまいです。4~5個はペロリと食べられそうな感じ。

食事を終え、一休みしてから帰路に付きます。帰りは高速道を使います。r30からR126に出て、横芝光ICから銚子連絡道路に入り、東金道路~京葉道路で無事に帰着しました。

今回は真夏でしたが早朝に出発したのでそれほど暑さに悩まされることはありませんでしたが、コミネのメッシュシートがすべって座りが悪く、お尻が異様に痛くなりました。コミネのサイトを見てみたらすべらないよう改良されたバージョンが発売されていたので、購入を検討したいと思います。また、エンジンの熱はアンダー(とソックス?)がうまく遮ってくれたお蔭で、いつものような熱さを感じることはありませんでした。よくできてますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です