チューニング 次なる構想

ステッピングモーターをドライバで制御してAlexLoopアンテナのチューニングを取ることができることを確認できましたので、次のフェーズを考えています。今回作ったコントローラ/ドライバはCW/CCWを別々のボタンで実装しました。これはこれで悪くないのですが、チューニングポイントで細かく調整したい時がちょっと面倒です。

これを、例えば上下(あるいは左右)に倒してどちらかのみonにできる、on-off-onのモーメンタリな(トグル)スイッチに変えるのも一つの手ではありますが、トグルボタンは電力(電源)用のイメージで、信号の切り替えに使わなさそうなイメージです。誤解かも知れませんが。

そこで、ロータリーエンコーダを使って、左右に1クリック(あるいは数クリック)ごとにステッピングモーターの制御パルスを1コ送る、というようなことを考えています。ちょっと調べてみたところ、同じようなことを解説している書籍を発見しました。が、絶版。Amazonから中古で購入することも考え中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です