仙台へ行ってきました

先日、大学時代の友人の結婚式で仙台まで行ってきました。

生憎の雨模様でしたが、レインスーツを着込んで07:00に出発です。ナビに従って扇大橋ICから首都高環状線に乗り、江北JCTから川口線へ、川口JCTからそのまま東北道へ、と北上を続けます。

途中のSA/PAで適当に休みを取りながらバイクを進めていきます。北上するにつれて雨も上がってきたので途中でレインコートを脱いだのですが、その下は夏用のメッシュジャケット、気温は20℃前後。100km/hだと体感温度がガンガン下がります。ガタガタ震えながらすぐ次のSA/PAでレインコートを羽織り直して再出発したところ、雨も降り始めました。怪我の功名(?)です。

そんなことをしながらのんびりと仙台に向けて進み、宮城仙台ICで高速を下り、R48を仙台駅方面へ。駅前はバスとタクシーが多くてカオス状態、かなり閉口しました。12時に仙台到着。およそ370km、5時間のツーリングでした。この日の宿に向かってバイク駐車場を紹介してもらい、駅前の地下駐輪場にバイクを止め、事前にホテルに宅配してもらっていたスーツを受け取って着替えて式に参加、式の後は大学時代の先輩・友人と連れ立って仙台駅の「利休」で牛タンを食べ、解散でした。

翌朝。朝風呂を浴びた後にインナー等を洗濯し、乾燥機を回している間にバイキングの朝食を済ませ、09:00過ぎにチェックアウト。外は今日も雨、レインスーツを羽織るもののバイク用のにはフードがないので頭はずぶ濡れです。駐輪場でタオルを取り出して頭を拭いて出発の準備をし、ちょっと遅れて10:00前に仙台を出発しました。

基本的には来た道を戻るだけです。宮城仙台ICから東北道に入って、適当に休みながら南下し、首都高に入ります。今回はナビが飯田橋ICから出るよう指示を出していたので、江北JCTから環状線を池袋方面に進み、板橋JCT~熊野町JCTと「く」の字を描くように進み、飯田橋ICに無事に到着。このルートは始めてだったので少々緊張しました。

飯田橋から先は勝手知ったるルートです。無事に帰宅できました。帰りもおよそ5時間でした。ほぼ全ルートが高速道でしたので下道のようにクラッチの出番がある訳でもなく左手はほとんど疲れませんでしたが、やはり長時間のライディングではお尻が痛くなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です