実践あるのみ

ということで、今回は精選400題(以下、精選)→QCQテキスト(以下、QCQ)の順に取り組んでみました。結果、

  1. 無線工学: 精選を9問回答→答え合わせ→解説を読む→要点をノートに整理: 45分
  2. 無線工学: QCQを4ページ確認、要点をノートに整理→解説を読む→問題を解く→答え合わせ: 45分
  3. 法規: 精選を4問回答→答え合わせ→解説を読む→要点をノートに整理: 20分
  4. 法規: QCQを3ページ確認、要点をノートに整理→解説を読む→問題を解く→答え合わせ: 10分
  5. モールス: #1の回答、#2の学習: 5分

合計2時間掛かりました。今回は初の試みということで少々手間取ったのは事実ですが、これは時間を掛けすぎです。法規とモールスはまあよいとして、問題は無線工学。もうちょっと効率よく取り組む方法を考えなければなりません。

テキストの構成としてQCQの方が解説→問題、なので、問題→解説の精選と順番を入れ替えた方がよさそうです。こうすることで、解説→問題→問題→解説、となって二度手間が減りそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です