房総縦断ツーリング

ツーリング後のチェーンメンテの記事が先に来ましたが、先日の日曜は予定通り、房総縦断ツーリングに出掛けました。

06:00出発の予定が寝坊して07:30に出発です。例によって神田橋ICから首都高に乗り、レインボーブリッジから空港前を通りアクアラインへ。連休最終日ということもあったのか、アクアラインから渋滞です。海ほたるを過ぎてようやく渋滞を抜けたと思ったら、その先の連絡道路でも渋滞。館山道も一部で渋滞。参りました。

富津中央ICで下りて内房なぎさライン(R127)を南下、その先でR465へ入ってもみじロード(r182)へ。一部、幅員減少で狭い道もありましたが、なかなか快適な道が続きます。

長狭街道に出たら東へ進んで、今度はr88へ。山間部はやや走りにくい道ですが、それを抜けると広めの道です。その先にある道の駅三芳村鄙の里にて小休止を取りました。ちょっと早めのランチも考えましたが、ここは旬の「菜の花ソフトクリーム」を頂きました。あまり菜の花な味はしませんでしたが。

来た道を少し戻って脇道に入り、今度は安房グリーンラインへ入ります。しばらく進んで踏切を渡った先からが本番です。交通量が少なく路面の状態もよい、気持ちのよい道が続きます。そのまま気が付いたら房総半島最南端に到着していました。

12時前だったので、少し東に進んだ先の道の駅ちくら潮風王国でランチを取ることにしました。海鮮を食べたかったので、レストランで大量のなめろうが乗った漁師丼を頂きました。しかしここの客の捌き方はちょっと微妙でした。先に並んでいた人をスルーして後から来た人を先に二階へ案内し始める始末(メニューは限定されるようですが)。これは頂けませんね。ちなみに、なめろうはちょっと生姜の風味が強かったです。

お腹もいっぱいになったところで12時を回っていました。今から東京湾フェリーで三浦半島に渡ると帰宅がかなり遅くなります。ということで今回は来た道を戻ることにしました。安房グリーンラインで快適なワインディングを楽しんだ後にr88を北上し、途中で長狭街道をr128へ入るのではなくそのままr88を進み、R465~R127と進んだのですが……

ガソリンの残量がありません。GSもありません。まったく見つかりません。仕方なしに内房線沿いに北上して大貫駅の近くでようやく給油し、R16を北上することにしました。道路標識に従ってアクアライン方面に進み、木更津金田ICからアクアラインに入ったのですが、さっそく渋滞です。勘弁して下さい。

結局アクアラインを渡り終え、トンネルを抜けるまで渋滞に捕まっていました。浮島JCTから首都高で神田橋ICまで進み、無事に帰着しました。

往復でおよそ250km、帰着したのがおよそ15:30だったので、8時間ほどのツーリングでありました。うち1~2時間は渋滞に捕まっていた時間なので疲れました。しかし天気もよく気温も低すぎず高くもなり過ぎず、ツーリング日和でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です