雨の東名

翌朝8時に起きて皆で朝食を食べ、姪っ子が楽しみにしているプリキュアを見た後に御暇しました。

問題はどうやって帰るかです。この日も雨が降っており、しかも前日より強い雨です。レインコートを着ているとは言え、風が吹けば多少は冷えますし、ヘルメットのシールドに付く水滴も視界の邪魔になります。選択肢としては、高速道でさっさと帰るか、下道でゆっくり帰るかの二択しかありません。しかし雨の日のマンホールの恐ろしさは前日味わってしまいましたので、この日は雨の東名で帰ることにしました。

左端の走行車線はそうでもないのですが、右側の走行車線や追い越し車線は水しぶきがすごく舞い上がって視界がかなり悪いです。別に急ぐ用事もなかったので、法定速度を律儀に守る車に続いて左端の車線を走ることにしました。マンホールだけではなく信号機もないのはとてもよいですね。雨が降っていてもむしろ安心して走ることができました。

急いでいないとは言え渋滞には巻き込まれたくなかったので、いつも渋滞している谷町JCTの手前で首都高を降り、六本木を通って三宅坂~九段と進み、無事に本郷に到着しました。この日は出発から到着まで雨に降られっぱなしでありました。

前日の雨でもだいぶ汚れてしまっていたので、近日中に再度洗車する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です