伊豆ツーリング

大衆磯料理 磯辺ロングスクリーンを装着した効果を確認すべく、伊豆へツーリングに出掛けました。

自宅を08:30頃に出発し、首都高から東名へ。東名では渋滞に巻き込まれつつ、小田原厚木道路へ。ここは白バイやら覆面やらがパトロールしているので、左側の車線を大人しく走行。小田原のPAで一休みしてから小田原西ICで下りて、まずはターンパイクへ。今はネーミングライツの関係で「アネスト岩田 ターンパイク箱根」という名称になっているようです。

ターンパイクは何回目かですが、今回はキ○ガイのような二輪にも四輪にも出喰わすことなく、平和に通過できました。ターンパイクを出たら、次は伊豆スカイラインへ。こちらも概ね順調に走ることができました。

磯部の鯵丼終点の天城高原ICでスカイラインを下りて大室山に沿って海岸へ下り、R135を南下します。ちょうどいい時間になったので、昼食を取ることにしました。ナビに鯵丼で有名な磯辺を入力してその通りに進んだのですが、ナビされた場所には店の影も形もありません。仕方なしにそのままR135を下っていたところ、突如磯辺の看板が目に飛び込んできました。ウィンカーを出して無事に駐車場へ滑り込むことに成功。あのナビは何だったんだろう?

磯辺では定番の鯵丼を頂きました。噂に違わぬ盛られっぷりで、甘めの味付けが私の好みともマッチし、大満足。丼が気持ち小さめなのがちょうどよいボリュームでした。

ここからR135で下田まで下ってR414で少し北上し、r15で松崎町へ。途中の道の駅 花の三聖苑伊豆松崎で一休み。どうも松崎町では農閑期の田んぼを花畑にしているようですが、事前情報を得ていなかったので華麗にスルーしてしまいました。

松崎町からr121で蛇石峠を経由して南伊豆町へ。今度は道の駅 下賀茂温泉湯の花で一休み後、この日の宿にチェックイン。1時間ほど周辺を散歩してから源泉100%掛け流しの露天風呂に入浴、夕食、就寝。

翌朝も露天風呂に入ってから朝食を済ませ、08:30頃にチェックアウト。R136を西に進んでからr16で石廊崎の方へぐるっと一周回ってから改めてR136からr121へ。途中、菜の花畑がきれいでした。もう少し早い時期だと、下賀茂の川縁の八重桜が満開だったようです。

仁科峠その後、前日とは逆に蛇石峠を通って松崎町へ。松崎町から今度はr59で伊豆半島を横断します。仁科峠に出る迄は林に囲まれていて軽く蒸すぐらいの感じだったのが、仁科峠に出た途端、吹きっさらしで体感温度が一気に下がりました。

さらにここからr59で湯ケ島まで進み、湯ケ島から国士峠を経て伊豆スカイランの冷川料金所に到着。そのまま伊豆スカイラン~ターンパイクと進み、ターンパイク出口で誤って西湖バイパスへ出てしまい、西湖二宮ICで下りて二宮ICから小田原厚木道路に戻り、そのまま東名を使って帰宅しました。

海老名SAの掲示板で渋滞なしと表示されていたので安心してSAを出たものの、その後すぐに渋滞に捕まりました。追突事故があったようです。まあそんなこんなで無事に帰宅しました。

で、本題のウィンドスクリーン。前回のレビューでも書いたように、80km/hまでは快適そのものです。私が鈍いだけかも知れませんが、それ以上の速度域になると前傾姿勢になってもあまり違いを感じません。急がずマイペースでツーリングを楽しむには最適なオプションだと思います。

ヘルメットの風切り音については、ウィンドスクリーンでは解決していません。どうにも打つ手がなくなってきたので、今回は以前購入していた耳栓を使いました。料金所のおじさんとはちゃんと会話できたように、フィルタがちゃんと機能して音声はスルーしているようです。バタバタと鼓膜に直接響くような低音のノイズは明らかに解消しました。しかし私はどうにも耳栓が苦手で、あの圧迫感とゴーという生体ノイズで気が散ります。それでも耳へのダメージは明らかに減ったように思いますので、しばらくは耳栓を活用することにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です