J-Trip フロントスタンド

J-Tripのフロントスタンドを購入したので、台風が来る前に足回りを軽くメンテナンスしてみました。

事前にセンタースタンドで後輪を持ち上げておきます。フロントスタンドに付属の紙マニュアルにはセンスタではなくメンテスタンドを使うよう書かれていましたが、面倒だったので今回はセンスタで代用します。一応、CB400SF時代に購入したJ-Tripのショートスタンドがありますが、持ち運びが面倒だったので……

さて、複数のバイクに対応するために、フロントスタンドには複数のカラーが付属してきます。CB1300SBのステアリングステムの穴に適合するのは小さい方から3つ目、19mmのカラーです。これをボスにネジ止めしてスタンドに装着します。

その後はマニュアル通りにボスをステアリングステムの穴に…… って、入れられません。ワイヤークランプがすぐそばにあり、ブレーキワイヤーが干渉してしまいます。そこで、ワイヤークランプを固定しているボルト (10mm)をレンチで外します。これでボスがステムの穴に入るようになります。

念の為、フロントフェンダーにウェス等を掛けておいて傷が付かないようにしてからボスをステアリングステムの穴に入れ、フロントスタンドで持ち上げます。ほとんど力を入れる必要もなくあっさりと持ち上がりました。素晴らしいです。

あとはリアのスイングアームにボルト 2個 (こちらも10mm)で固定されているチェーンカバーを外しておきます。ついでにチェーンカバーの内側に付いているチェーンオイルは拭き取っておきましょう。パーツクリーナーを吹き付けたショップタオルで拭えばOKだと思います。

準備ができましたので、まずはチェーンのメンテから。これまではRKのチェーンルブとチェーンクリーナーを使っていました。が、これが結構面倒だったのです。油性のチェーンクリーナーなのでキレイサッパリ汚れが落ちたという感じがなく、固めのチェーンルブはシールの隙間まで浸透してるのかよく分かりません。

そこで、WAKO'Sの水置換性のあるチェーンルブチェーンクリーナーに変えてみました。チェーンクリーナーにはブラシが付属します。

まずは水でざっと汚れを流した後、チェーンクリーナーを吹いたブラシでチェーンを一通り磨いて、浮いた汚れを水で流します。ふむ、これだけでもだいぶ汚れが落ちました。それからショップタオルで汚れと水分を拭き取ればだいたいOKです。

次に後輪のホイールに水を掛けてショップタオルで汚れを拭き取ります。前回の洗車時にざっと磨いておいたので、今回は細かい汚れを拭き取るのがメインでした。

前輪も同様に水を掛けてから汚れを拭き取ります。これまではフロントスタンドがなかったので適当な感じで済ませていましたが、今回はきっちり汚れを落とせたと思います。

ホイールが済んだので、チェーンにルブを吹きます。後輪を回しながらシールの隙間に浸透するよう吹いていきますが、ウェットタイプなのであまり意識しないでも浸透するようです。あとはホイール等の周辺に飛んでしまったルブを拭き取れば完了です。

ウェットタイプに変えたことで、以前のドライタイプと比べてチェーンのメンテが大幅に楽になりました。ただ、ドドライタイプに比べて飛散しやすそうなことを考えると、メンテの頻度は上げる必要があるかも知れません。

最後に、スイングアームにチェーンカバーを戻し、外していたステアリングステム近くのワイヤークランプも忘れずに固定し直しておきましょう。

メンテが済んだ後に気付きました。チェーンをブラシで磨いた際の飛沫がシャツに掛かって、細かい黒い斑点がポツポツとシャツに付いてしまっていました。帰ってすぐに洗濯しましたが、残念ながら洗い落とすことはできませんでした。このシャツは夏場のバイクメンテナンス専用にするしかなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です