ビーナスライン ツーリング

美ヶ原高原から望む浅間山(?)

新しいヘルメットも届いたので、意気揚々と長野のビーナスラインへツーリングに出掛けました。

前日の晩は寝付くことができず、布団の上でゴロゴロしている間に03:00になってしまいました。おもむろに起き上がって準備をし、04:00に出発。未明の高速道は首都高よりも中央道、特に八王子以降の方が微妙に怖かったです。

そして八王子を過ぎたあたりから次第に寒くなってきました。普通に夏用の装備のみで防寒具を持参しなかったのは失敗でした。途中、談合坂SAで休憩。山梨へ入るとますます寒くなってきます。歌を歌ったりしながら寒さから気を紛らわせつつ、八ヶ岳PAで再度休憩。このPAを出発したあたりで雲行きが怪しくなってきます。進行方向に明らかに雨雲と分かる厚くて暗い雲が垂れ込めています。マジかよ。

悪態を付きながら進んでいったところ、雨雲の中に突入することなく韮崎ICに到着しました。目的地は諏訪ICですが、一旦ここで高速から降ります。なぜなら、首都圏ツーリングプランは、対象エリア内で乗り降りすることで初めてプラン対象となるのです。神田橋ICから諏訪ICまで一気に移動すると、東京IC〜韮崎ICを通過しただけになり、プラン対象でなくなります。それを防ぐため、対象エリア内の韮崎ICで一度高速を降り、同ICから再度高速道に戻ります。

相変わらず寒さに震えながら06:30頃に諏訪ICに到着。給油してからR20からR152へ入り、ビーナスラインです。

女の神展望台からr192に入ったらしばらく道形に進み、途中のコンビニで休憩などしつつ、蓼科高原へ。木立の中の軽いワインディングを楽しみつつ、次第に標高が上がっていきます。

 

 

 

ここでふと思い出しました。私のバイクにはグリップヒーターが付いていることを。グリヒの電源を入れて待つことしばし。暖かいです。夏用の薄手のグローブだから、グリヒの熱がよりよく伝わります。指先が温まるだけで、全身の寒気がだいぶ楽になりました。素晴らしいです。

白樺湖のあたりでr40に入り、車山高原に差し掛かるところからビーナスラインの紹介記事で見掛けるような風景が始まります。まだ早い時刻なので行き交う車も少なく、のんびりとワインディングと風景を楽しみながら先へと進みます。いい感じです。

霧ヶ峰高原 霧の駅霧ヶ峰高原の霧の駅で一休みし、ここからr194へ入って美ヶ原高原を目指します。農の駅あたりの交差点からr460へと進みます。このあたりから木立の中のワインディングに変わります。

 

 

 

道の駅 美ヶ原高原その先のr178からは急峻な上り坂のワインディングに変わります。上り終えた頂上付近にある道の駅 美ヶ原高原に08:30頃に到着。ここで一休みしてから来た道を折り返します。

 

 

 

白樺湖からR152で茅野方面へショートカットし、r192から八ヶ岳エコーラインに入る予定でしたが道を間違えて大分先まで進んでしまい、その先で再度r192に交わる交差点から蓼科方面へ戻り、何とか八ヶ岳エコーラインへ。

八ヶ岳を左手に見ながら南下し、r425へ右折して諏訪南ICから中央道へ。帰りも韮崎ICで一旦降りて、コンビニで買ったエナジードリンクを飲んでから再度中央道へ。談合坂SAでメンチカツサンドを食べて、この日は時間も早かったので渋滞に巻き込まれることもなく13:00に無事帰着できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です