純正パニアケース その2

CB1300SB パニアケース取り付け8耐が終わって (10位入賞おめでとうございます!) 、ディーラーさんが夏休みに入る前に純正パニアケースを取り付けてもらってきました。

前回の記事でも書いたように、パニアケース本体は私の方で手配してディーラーさんへ送付済みです。これにパネルを付けてガラスコーティングをしてもらい、リアキャリアとサポートステイを取り付けてもらいました。

キャンディアルカディアンレッドのパネルがガラスコーティングのお蔭でよりテラテラと輝いており、質感を高めることに成功しています。黒赤の本体のカラーリングにもよくマッチしていて、言うことなしです。骨太のキャリアには荷物を取り付けられるようになっていますので、これまで使っていたTANAXのエアロシートバッグもまだまだ活用できそうです。

バイク本体のイグニッションキーとは別のキーを持ち歩かずに済むワンキーシステムはとても便利でいいですね。鍵の開け閉めには少しコツが要りますが、ご愛嬌のレベルなので特に不満はありません。また、ケース本体はプラスチックなので総アルミのAlu Exclusivに比べると質感は少々劣りますが、純正ならではのバイクとの一体感はやはり圧倒的です。

見えないところでは、タンデムステップの金具の先端に保護用のゴムキャップが付けられ、パニアケースの下部を支えるようになっています。また、リアウィンカーもパニアケースと干渉しないよう数cm後ろへステイで取り付け直されています。

一点、乗り降りの際にパニアケースにつま先や踵をぶつけてしまわないよう注意が必要です。

純正パニアケース その2」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 純正パニアケース その1 | CB1300SBのある生活

  2. ピンバック: 群馬ツーリングの準備 | CB1300SBのある生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です