富士山ツーリング

げんこつ

先の記事でも触れました首都圏ツーリングプランを使い、この土日は富士山ツーリングに出掛けました。

7時過ぎに出発して神田橋ICから首都高に乗ろうとして筋を一本間違えてしまいそのまま渋谷まで進み、渋谷ICから首都高に乗って東名で御殿場へ。途中で渋滞に巻き込まれましたが、そこは二輪車の身軽さで以下省略。10時過ぎに御殿場ICに到着しました。

最初の目的地はさわやか御殿場インター店です。開店の20分前で既に先客が並んでおり、私が13組目。それでも開店後すぐに席に着くことができました。注文したのはお約束のげんこつハンバーグ。うーん、美味しいことは美味しいんだけど、うーん、騒ぐほどのことはないんじゃないのかなぁと思わなくもない気がしないでもないです。一点、オニオンソースが冷めてるのはどうにかした方がよい気がします。

気を取り直して御殿場から富士山スカイラインに入ります。下道は30℃を越えていましたが、富士山の裾野を上るにつれて次第に涼しくなっていきます。木立からの木漏れ日を浴びながら五合目まで上がると、気温は25℃ほど。雨が降りそうな雲行きでしたが、降り始めることなく無事に下山できました。なお、途中で来夢先輩とすれ違いました。

r180からr72 → r71と富士山の西側を北上し、道の駅なるさわで休憩。水分補給は重要です。

R139で東へ進み、R138では道の駅富士吉田をスルーし、山中湖の北側を通ってR413の道志みちへ入ります。道の駅どうしで再度休憩し、豆乳ソフトで栄養補給してからさらに東へ向かいます。

途中でr64に入り、宮ヶ瀬湖を渡って南の方へ向かい、道の駅清川に到着。これで神奈川の道の駅はすべて制覇しました。ローカルなお茶を飲んで一休みしてから、さらにr64を南下して厚木ICから東名に乗って秦野中井ICで降り、この日の宿のはだの万葉の湯に到着。この日のルートは富士山と丹沢をぐるっと一周する形になりました。

宿で一晩過ごし、翌朝07:30に出発。東名の走行車線は110~120kmで流れるんですね。渋谷IC周辺の道路工事のために渋滞に捕まりましたが、09:00前に帰り着くことができました。

今回のツーリングではサービス開始されたばかりの首都圏ツーリングプランを利用した訳ですが、高速代を気にせず乗り降りできるのは便利でいいですね。今回は往路と宿へ移動、往路にしか高速を利用しませんでしたが、それでも下道を使わない(高速道を使う)という選択肢があるだけで、だいぶツーリングが楽になった気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です