Parallellaでクラスタリング その6 NFSv4対応

従来の設定のままでも特に問題はないのですが、Parallellaの新しいファームウェアがNFSv4に対応しましたので、ファーム更新のついでに設定し直しました。

まずNFSサーバとなる母艦の設定です。これまでは/etc/exportsでファイルシステムを直接指定していましたが、NFSv4らしく、マウントポイントを/var/exportsの下に集めることにします。キモは/etc/fstabファイルですね。設定したらexportfsコマンドで設定を確認しておきましょう。

# mkdir -p /var/exports/parallella
# chown -R nobody:nogroup /var/exports
# vi /etc/fstab
...
/home/USERNAME/parallella    /var/exports/parallella    none    bind    0    0

# vi /etc/exports
...
/var/exports                   192.168.100.0/24(rw,sync,fsid=0,crossmnt,no_subtree_check)
/var/exports/parallella        192.168.100.0/24(rw,sync,no_subtree_check)

# /etc/init.d/nfs-kernel-server restart
# exportfs
/var/exports    192.168.100.0/24
/var/exports/parallella
                192.168.100.0/24

ここでは書きませんでしたが、/etc/imapd.confの設定, ACLの設定も忘れずに。

クライアント側も設定し直します。showmountコマンドで、サーバを参照できることも確認しておきます。

$ sudo apt-get install nfs-common
...
$ showmount -e サーバFQDN
Export list for サーバFQDN:
/var/exports/parallella 192.168.100.0/24
/var/exports            192.168.100.0/24

$ sudo vi /etc/fstab
サーバFQDN:/parallella    /home/parallella/parallella    nfs4    defaults,intr    0    0

$ sudo vi /etc/idmapd.conf
...
Domain = ドメイン

$ sudo /etc/init.d/nfs-common restart
...
$ mkdir ~/parallella
$ sudo mount /home/parallella/parallella
$ cd ~/parallella
$ ls
(ファイル一覧)

いい感じですね。

Parallellaでクラスタリング その6 NFSv4対応」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Parallellaでクラスタリング その2 NFSの導入 | CB1300SFのある生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です