JetPack for L4Tセットアップ ホスト編

引き続き、Jetson TX1の開発環境を構築します。

前回のセットアップではホストとしてVMWare上のUbuntuを用意しましたが、どうもVMWareやVirtualBox等の仮想環境上のUbuntuからのOSの書き換えがうまく動作しないことが判明しました。そこで、開発PCにSSDを増設して、この上にUbuntuをインストールし、デュアルブートできるようにしました。

今回増設したSSDは安い120GBのものです。BIOSでSATA2を有効にしてBIOSが認識できるようにし、DVDに焼いたUbuntu 14.04のインストールディスクをドライブに挿入して起動してUbuntuをインストールします。/dev/sdaはメインの開発環境であるDebianが入っているのでそのままにし、今回追加した/dev/sdb全体を/dev/sdb1としてUbuntuに割り当てました。SSDなので例によってswap領域は用意せず、無効にしてあります。

インストール完了後にPCを再起動したところ、grubが追加したSSDを認識できずにgrub rescue画面になってしまいましたが、

grub rescue> set prefix=(hd0,msdos1)/boot/grub
grub rescue> insmod normal
grub rescue> normal

で/dev/sda1の/boot/grubにあるnormalモジュールを読み込んで、通常のgrub画面の表示に成功しました。ここからDebianを起動し、

$ sudo cfdisk /dev/sdb

してみたところ、Ubuntuをインストールした/dev/sdb1パーティションにbootフラグが立っていません。bootフラグを立ててWrite→Quitした後に、念のためにupdate-grubを実行してgrubを再インストールして再起動したところ、ようやくUbuntuが起動できました。

2016/04/21追記: ストレージがSSDですので、Debianの時と同じく/etc/fstabのマウントオプションにnoatimeしておきます。fstrimは/etc/cron.weekly/fstrimから呼び出されるようなので、Debianのように手動で設定してやる必要はありません 。ただし、特定のメーカ以外のSSDの場合、このファイルでfstrim-allコマンドへの--no-model-checkオプション追加が必要です。詳細は/sbin/fstrim-allを読んでみて下さい。

JetPack for L4Tセットアップ ホスト編」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: JetPack for L4Tセットアップ 成功編 | CB1300SFのある生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です