HiKeyでディスプレイが表示されない問題

前回の続きです。

ファームを更新しただけでは状況は改善されず、依然としてディスプレイには何も表示されません。困った時のシリアルコンソール、ということでUSB UARTアダプタを追加で入手しました。が、これは根本的な解決にはなりません。githubにあるドキュメントWikiをしっかり読み直します。

ドンピシャな情報がありました。起動後に "右Alt + PrintScr + G" の同時押しで、EDIDのモードを一つずつ手動で切り替えられるようです。UARTアダプタをHiKeyに接続し、PCとmicroUSBで接続し、TeraTermでシリアルポートを開いておけば自動ログインしてくれます。

この状態で上記のキーを同時押しする度に解像度とリフレッシュレートが変更され、シリアルコンソールに表示中の値が表示されます。何度か押していくと、ディスプレイに表示されました。この時の解像度とリフレッシュレートを、HiKeyのブートパラメータに追加します。私の環境では 1920x1200 @59Hz でした。これを

$ sudo vi /boot/grub/grub.cfg
...
linux ~ video=HDMI-A-1:1920x1200@59

のようにしてgrubの設定ファイルのlinux行の末尾に追記します。追記したら再起動しましょう。通常であればこれで画面が表示されるようになります。

7インチLCDにも表示できるか試してみました。上記の手順で確認したところ、1200x1920 @60Hz でしたので、ブートパラメータの値を変更して再起動しましたが、画面が崩れて表示されます。一応Xは表示されましたので、LXDEのPreferenceにあるmonitorから解像度1200x1920, リフレッシュレート auto を選択したところ、期待通りに表示されるようになりました。Saveで設定を保存すれば、再起動しても以降は自動的に設定通りに表示されるようになりました。素晴らしいです。

2016/03/18追記: apt-get dist-upgradeしたところ、X起動前のフレームバッファ表示の崩れも解消されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です