96Boards HiKey LeMaker

96Boards HiKey LeMaker

ARM系のシングルボードコンピュータがどんどん増えてきます。64bit 8コアのHiKey LeMaker版を入手しました。ARMのGPUであるMali-450MPを搭載しているのでOpenCLを試そうと思ったのですが、残念ながらこのGPUはOpenCLに対応していないとのこと。

箱から出してすぐ使えるようになっているそうなので、12V 2Aの電源アダプタも購入してHDMIでディスプレイを繋いでさっそく動かしてみました。が、ウチにあるDELLの24インチディスプレイは認識されないのか何なのか画面が表示されません。参りました。

とりあえず、ファームを最新版に更新してみることにしました。HiKeyにはeMMCストレージが搭載されていますので、このままSDカードは使わずに済ませましょう (アイキャッチ画像のボードにはmicroSDを刺していますが、実際には使っていません)。ファーム更新の手順はgithubにある96BoardsのドキュメントWikiに記述されている通りです。

自宅のWindows PC上のVMWareに入れてあるDebianにandroid-fastboot-toolをインストールし、イメージファイルをDLしてfastbootで焼くだけです。ちなみに上記のドキュメントでは途中で

$ sudo fastboot reboot

が入っていますが、これを行うとfastbootでデバイスが認識されなくなってしまいましたので、この行は飛ばしました。

さて、これでファームの更新は完了です。再度ディスプレイの認識に挑戦してみましょう。

96Boards HiKey LeMaker」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: HiKeyでディスプレイが表示されない問題 | CB1300SFのある生活

  2. ピンバック: 96Boards Dragonboard 410c | CB1300SFのある生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です