ZyboをTutorialで試す 番外編3 Debian起動

前回作成したmicroSDからDebianを起動します。

  1. J4にmicroSDを挿入
  2. JP5を "SD" に変更
  3. J11にmicroUSBケーブルを接続、もう片方の端をPCに接続
  4. J3にLANケーブルを接続
  5. J15に5V 3AのACアダプタを接続
  6. SW4で電源ON
  7. PCでTera Term等を立ち上げ、COMポートを指定して接続
  8. ブートメッセージが表示され、rootユーザで自動ログインすることを確認

となれば成功です。COMポート番号はWindowsのデバイスマネージャで確認できます。ifconfigコマンドを見るとDHCPからIPアドレスを取得できていることが分かります。

ただ、このまま使うにはいくつか課題が残っています;

  • 起動時の立ち上げに失敗しているデーモンがあるっぽい
    • acpidの起動後、一時的にメッセージが文字化けを起こしてた?
  • 時計が狂っている (要NTPクライアント)
  • /etc/resolv.confがない
  • rootユーザで自動ログインしたくない

/etc/resolv.confについては(乱暴ですが)手動でnameserver 8.8.8.8とか設定してしまえば解決します。DNSが引けるようになったらapt-getで最新のパッケージに更新できます。まずはNTPクライアント(ntpdate等)を入れておきましょう。不要なデーモンはパッケージごと削除してよいと思います。その次に日本語化でしょうか。この辺の作業はまた別途整理します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です