ZyboをTutorialで試す その6 BOOT.binの生成

続きです。引き続きTutorialFPGAの部屋を参考にします。

ここからまたWindowsに戻ります。Vivadoでzybo_bsd.xprを開きます。FileメニューからExport→Export Hardwareを選択するとExport Hardwareダイアログが表示されます。Include bitstreamにチェックを入れてOKをクリックします。

続いてFileメニューからLaunch SDKを選択します。Launch SDKダイアログが表示されるので、デフォルトのままOKをクリックします。しばし待つとEclipseベースらしきSDKのIDE (GUI)が立ち上がります。セキュリティの確認ダイアログが表示された時はプライベートネットワークのアクセスを許可して下さい。

SDKの真ん中のペインにsystem.hdfが表示されていると思います。Address Mapの一覧にmyLed_0があることが確認できます。

FileメニューからNew→Application Projectと選択すると、Application Projectダイアログが表示されます。Project Nameに "FSBL" と入力し、他の項目はデフォルトのままNextで次へ進みます。Template一覧からZynq_FSBLを選択し、Finishをクリックします。しばらく待つとSDKの真ん中のペインに system.mss タブが追加されます。

さて、ここで、電源on/offの前後でもZyboのMACアドレスが変わならいようにするため、ファイルを一つ差し替えます。Zynq Base Systemのsource/vivado/SDK/fsbl/fsbl_hooks.cを適当なエディタで開いて全体をクリップボードにコピーします。続いてSDKの左側ペインからFSBL→src→fsbl_hooks.cと選択してファイルを開き、全体を選択して丸々ペーストして保存します。

編集後の保存時に自動でリビルドされますが、気になるようであればProjectメニューからClean...を選択し、表示されたダイアログのOKをクリックするとクリーン後に自動ビルドされます。ビルドされたファイルは source\vivado\hw\zybo_bsd\zybo_bsd.sdk\FSBL\Debug\FSBL.elf として出力されています。

SDK左側ペインのProject ExplorerからFSBLを右クリックし、Create Boot Imageを選択すると、Create Zynq Boot Imageダイアログが表示されます。Boot image partitions一覧にデフォルトでFSBL.elfとsystem_wrapper.bitは入っていますので、右側のAddボタンでAdd partitionダイアログを開き、LinuxでビルドしてWindowsにコピーしてきたu-boot.elfを選択します。Partition Typeが(デフォルトの)datafileになっていることを確認してOKでダイアログを閉じ、Boot image partitions一覧にu-boot.elfが追加されたことを確認します。

Output pathのBrowseボタンをクリックして出力先をZybo Base Systemのsd_image/BOOT.binに変更し、"Create Image"ボタンでBOOT.binを生成します。

ZyboをTutorialで試す その6 BOOT.binの生成」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ZyboをTutorialで試す その7 uImageの生成 | CB1300SFのある生活

  2. ピンバック: ZyboをTutorialで試す 番外編その2 microSDの作成 | CB1300SFのある生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です