ZyboをTutorialで試す その3 IPコアの作成2

前回の続きです。引き続きTutorialFPGAの部屋を参考にします。

edit_myLed_v1_0プロジェクトを開いた状態で Sourcesペインで myLed_v1_0_S_AXI_inst - myLed_v1_0_S-AXI (myLed_v1_0_S_AXI.v) をダブルクリックするとエディタで、myLed_v1_0_S_AXI.vが開かれます。

18行目の "// Users to add ports here" に続けて "output wire [3:0] led, "を追記します。

 // Users to add ports here
 output wire [3:0] led, // 追記
 // User ports ends

393行目の "// Add user logic here" に続けて assign led = slv_reg0[3:0]; を追記します。

 // Add user logic here
 assign led = slv_reg0[3:0]; // 追記
 // User logic ends

上記の編集が終わったら、次はSourcesペインの myLed_v1_0 (myLed_v1_0.v) をダブルクリックしてエディタで開きます。同様に、18行目に追記します。

 // Users to add ports here
 output wire [3:0] led, // 追記
 // User ports ends

51行目に ".led(led)," を追記(挿入)します。

 ) myLed_v1_0_S_AXI_inst (
 .led(led), // 追記 (挿入)
 .S_AXI_ACLK(s_axi_aclk),

続いて、"Flow Manager"ペインの"Project Manager"から"Package IP"を選択します。"Packaging Steps"の"Customization Parameters"を選択して、右ペイン最上部に"Merge changes from Customization Parameters Wizard"というリンクが表示されますので、これをクリックしておきます。"Pack"Ports and Interfaces"を選択して右ペインに"led"があることを確認し、"Customization GUI"を選択して右ペインに今回作成中のIPのGUIが表示されることを確認します。

最後に"Review and Package"を選択します。右ペイン最下部の"Re-Package IP"ボタンを押してIPを作成します。"Finished packaging 'myLed_v1.0' successfully' というダイアログが出たらIPの作成に成功です。"OK"をクリックしてダイアログを閉じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です