ZyboをTutorialで試す その2 IPコアの作成1

前回の続きです。引き続きTutorialFPGAの部屋を参考にします。

Vivadoでzybo_bsd.xprを開いたら、左側の "Flow Navigator" ペインから "IP Integrator" の"Open Block Design" を選択して "Dialog" ペインを開きます。ダイアログを拡大表示し、"LEDs_4Bits" を選択して右クリック→Deleteでダイアログから削除します。

Toolsメニューの "Create and Package IP..." を選択すると "Create and Package New IP" ダイアログが表示されます。"Next" をクリックし、"Create AXI4 Peripheral" にチェックを入れて "Next" で "Peripheral Details" が表示されます。"Name" に "myLed" 等を入力して詳細設定を入力して "Next" で "Add Interfaces" になります。"Name" を "S00_AXI" から "S_AXI" に変更し、"Next" で "Create Peripheral" になります。

"Next Steps" から "Edit IP" を選択し、"Finish" で "Create and Package New IP" ダイアログが閉じます。"Create Peripheral IP" ダイアログが開いて閉じると、edit_myLed_v1_0 プロジェクトが開かれます。"Package IP - myLed" ペインがハイライトされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です