J-Trip フロントスタンド

J-Tripのフロントスタンドを購入したので、台風が来る前に足回りを軽くメンテナンスしてみました。

事前にセンタースタンドで後輪を持ち上げておきます。フロントスタンドに付属の紙マニュアルにはセンスタではなくメンテスタンドを使うよう書かれていましたが、面倒だったので今回はセンスタで代用します。一応、CB400SF時代に購入したJ-Tripのショートスタンドがありますが、持ち運びが面倒だったので……

さて、複数のバイクに対応するために、フロントスタンドには複数のカラーが付属してきます。CB1300SBのステアリングステムの穴に適合するのは小さい方から3つ目、19mmのカラーです。これをボスにネジ止めしてスタンドに装着します。

その後はマニュアル通りにボスをステアリングステムの穴に…… って、入れられません。ワイヤークランプがすぐそばにあり、ブレーキワイヤーが干渉してしまいます。そこで、ワイヤークランプを固定しているボルト (10mm)をレンチで外します。これでボスがステムの穴に入るようになります。

念の為、フロントフェンダーにウェス等を掛けておいて傷が付かないようにしてからボスをステアリングステムの穴に入れ、フロントスタンドで持ち上げます。ほとんど力を入れる必要もなくあっさりと持ち上がりました。素晴らしいです。

続きを読む

ユーゲルはいいぞ

手を洗ういわゆるピンク石鹸と呼ばれている洗剤です。

バイクのメンテナンス、特にホイールやチェーン回りに手を突っ込むと油汚れが手に付きます。ブレーキダストや金属粉などを含んでいるためか真っ黒で、触れたら当然黒く汚れます。

パーツクリーナーを吹き掛けたショップタオルで拭えばだいたい取れますが、手の油分をすべて拭うのでカピカピになりますし、そもそもパーツクリーナーは体に悪そう。

となると水で手を洗うしかない訳です。これまで家庭用の石鹸や手洗い用のフォーム、お風呂用のボディシャンプー、台所用洗剤、と色々試してきましたが、どれもこれもきれいさっぱいに洗い落とすことができません。そこで知ったのがピンク石鹸、モクケンユーゲルです。

この界隈ではかなり有名な洗剤らしく、ちょっとググればいくらでも情報が出て来ます。類似品 (たぶん中身は同じ) がいくつかありますが、私はモクケンユーゲルDXをAmazonで購入しました。粗い粉末状の洗剤が小分けされずにドサッとビニール袋に入れられて口を軽く結わえ、段ボール箱に入れられた状態で届きました。

バイクのメンテ後、おもむろに手を濡らしてユーゲルを適量掬ってゴシゴシと手を洗います。スクラブ入りで、ザラザラとした触感です。泡立ちはほとんどありませんが、このスクラブが指紋や皺などの隙間まで入って油汚れを落としてくれているのでしょう。大した時間も掛からず、油汚れはきれいサッパリ落ちてしまいます。素晴しいです。

ビーナスライン ツーリング

美ヶ原高原から望む浅間山(?)

新しいヘルメットも届いたので、意気揚々と長野のビーナスラインへツーリングに出掛けました。

前日の晩は寝付くことができず、布団の上でゴロゴロしている間に03:00になってしまいました。おもむろに起き上がって準備をし、04:00に出発。未明の高速道は首都高よりも中央道、特に八王子以降の方が微妙に怖かったです。

そして八王子を過ぎたあたりから次第に寒くなってきました。普通に夏用の装備のみで防寒具を持参しなかったのは失敗でした。途中、談合坂SAで休憩。山梨へ入るとますます寒くなってきます。歌を歌ったりしながら寒さから気を紛らわせつつ、八ヶ岳PAで再度休憩。このPAを出発したあたりで雲行きが怪しくなってきます。進行方向に明らかに雨雲と分かる厚くて暗い雲が垂れ込めています。マジかよ。

悪態を付きながら進んでいったところ、雨雲の中に突入することなく韮崎ICに到着しました。目的地は諏訪ICですが、一旦ここで高速から降ります。なぜなら、首都圏ツーリングプランは、対象エリア内で乗り降りすることで初めてプラン対象となるのです。神田橋ICから諏訪ICまで一気に移動すると、東京IC〜韮崎ICを通過しただけになり、プラン対象でなくなります。それを防ぐため、対象エリア内の韮崎ICで一度高速を降り、同ICから再度高速道に戻ります。

相変わらず寒さに震えながら06:30頃に諏訪ICに到着。給油してからR20からR152へ入り、ビーナスラインです。

続きを読む

ヘルメット買い替え

愛用してきたヘルメットSHOEI GT-Airですが、色々とヘタってきました。具体的には

  • 内装(チークパッド)がヘタって
    • 風切り音が大きくなってきたような気がする
    • ヘルメットの保持力が下がってきたような気がする
  • 帽体やシールドの傷も増えた
  • ラチェットのゴムカバーが千切れて外れた
  • メーカーの言う耐用年数 (3年)を越えたかも
  • 微妙に男臭い

という感じです。シールドや内装は交換すれば済む話ではありますが、耐用年数を越えたのはどうしようもありませんので買い替えを決意しました。

買い替え候補になったのは、GT-AirとZ-7です。GT-Airと比べてZ-7は

  • ○なところ
    • 軽くて小さい
    • シールドが進化してる (?)
    • オプションに調光シールドがある
  • ×なところ
    • インナーバイザーがない
    • 調光シールドがお高い
    • チンストラップがラチェットではなくてD環

といったあたりでしょうか。インナーバイザーがない代わりに、紫外線量で透過率の変わる調光シールドがオプションにありますが、これが結構お高い。しかしまあ日中と晩とでシールドを交換したりバイザーを上げ下げしたりせずに、外の明るさに追従して自動的に透過率が変わるのは便利そうです。

一点、チンストラップがラチェットでなくなるのは残念ですが、Z-7に買い替えることにしました。近日中に配送されてくる予定です。

伊豆ツーリング

伊豆にある道の駅8箇所を巡るツーリングに出掛けてきました。

前日の夕方に小田原入りして一泊し、翌朝06:00に宿を出発。箱根ターンパイクから伊豆スカイラインに入る予定が誤って左折して湯河原パークウェイに入ってしまい、往復660円と時間をロス。伊豆スカイラインを悠々と自分のペースで流して一気に終点の天城高原料金所まで。

ターンパイクも伊豆スカイラインも確かに素晴しい眺望で、気持ちよく走ることができました。が、2輪・4輪を問わず、頭のネジが外れた連中が散見されました。なお、私が通過した2時間後にターンパイクではバイクとバイクの正面衝突で死亡事故が発生したそうです。こちらが安全運転していても相手がセンターラインを越えて来られちゃどうしようもありません。困ったものです。

続きを読む

高槻TA-300Bが届きました

TA-300B南さつま市へのふるさと納税の返礼品として注文していた高槻の真空管、TA-300Bが届きました。桐の白箱に入っており、TA-300B 1ペア(2本)の他には

  • 測定データ 2本分
  • 取扱説明書・保証書

が同梱されていました。さっそく手に取って眺めてみましたが、

  • プレートはグレーのアルミクラッド(?)で黒化処理なし
  • 上部マイカは2点支持
  • フィラメントはコイルスプリング吊し
  • ゲッターは当然たっぷり

という感じです。300Bアンプは持っていませんので、しばらくは箱から出して眺めてニヤニヤするだけですが、年内には久し振りにアンプを設計してみようかな、と考え中です。バランス入力で全段差動のモノラルアンプx2 とか。

しかし今ウチにあるスピーカーは、コイズミ無線で売られてるFOSTEXのクソ安いエンクロージャクソ安いフルレンジユニットを取り付けただけのものなので、こちらもアンプに合わせてアップグレードしなければバランスが取れません。オーディオ趣味は業が深いです X-(

ふるさと納税の返礼品

南さつま市 ふるさと納税 返礼品注文ご存知「ふるさと納税」の制度を利用して地方自治体に寄付すると、寄付した金額に応じた返礼品をもらうことができます。各自治体が競い合って様々な返礼品が提供されています。

このブログ的にはバイク用品あたりを返礼品に頂戴するのがネタとしては美味しいのでしょうが、私のもう一つの趣味である真空管オーディオに関連する一品を提供してくれる自治体があります。それが鹿児島県の南さつま市、返礼品は高槻電器のオーディオ用三極出力真空管 TA-300B です。

300Bと言えばWE 300Bを頂点として皆の憧れの的である真空管ですが、数年前に高槻電器によって生産が再開されました。国産のオーディオ用真空管、しかも桐の白箱入りということで人気を博していますが、お値段がお高い。1ペア (2本)で15万円強します。シラフではとても手が届きませんが、税金にプラスαの金額を寄付することでこの真空管が入手できるのです。

しかしここで最近のニュースが問題になります。総務省が還元率が高かったり資産価値が高かったりする返礼品にストップを掛けたのです。この南さつま市のTA-300Bの提供も今月いっぱいで終了することになりました。そこで駆け込み注文したという次第です。

納品は何ヶ月先になるか分かりませんが、当面は真空管アンプを自作する予定もありません。届いたら眺めてニヤニヤすることにします。

2017/09/01追記: 注文からおよそ1週間で届きました

富士山弾丸ツーリング

大室山西展望台からバイクに乗ることそれ自体が目的になりつつあるような気がしないでもないですが、先週末は富士山方面へツーリングへ出掛けました。

06:30に出発して、いつものように御殿場IC → 富士山スカイライン → r72 → r71 → R139、という流れですが、今回はいつもスルーしてしまう大室山の西展望台に寄って写真をパシャリ。本栖湖の向こうに見えるはずの南アルプスは雲の中でした。

道の駅なるさわの食堂でぜんどそばなる大根の千切り(刺身のつま的なアレ)が山盛りになったそばで朝食のような昼食を済ませ、道の駅富士吉田ではミックスソフトを食べて美味しい水を飲み、土産にふじやまビールのピルスナーを購入。

そのまま山中湖方面に進んでから東富士五胡道路に入り、そのまま中央道で帰りました。12:30に帰着。全行程6時間のまさに弾丸ツーリングでした。

群馬・長野ツーリング

日本国道最高地点

08/10からの夏休みを利用して、群馬・長野方面へツーリングに出掛けました。当日の天気予報では関東一円が曇り~雨でちょっと危うい感じでしたが、せっかくの夏休み、そんなことを気にせず決行しました。もちろん今回も首都圏ツーリングプランを利用しました。

さて、自宅を出て飯田橋ICから首都高池袋線 → 美女木JCTで外環道 → 大泉JCTから関越道、という感じのスタート。飯田橋近辺で少し雨に降られたり美女木JCTでは渋滞に巻き込まれたりしましたが、その他は特に問題もなく関越道を北上できました。

藤岡JCTで上信越道に入って碓氷軽井沢ICで一般道へ。さっそくr92のワインディングで楽しませてくれます。坂を登り終えたら木立を抜けて軽井沢に到着です。コンビニで一休みし、中軽井沢からR146 (ロマンチック街道)ヘ。途中から鬼押しハイウェーに入りましたが、鬼押出し園は華麗にスルー。

続いて万座ハイウェーで万座温泉まで進んで、ここからr466万座道路で志賀草津道路に出ました。この万座道路で千葉方面のナンバーを付けた白い車の後ろに付いたのですが、これがまた遅いの何のってマァ大変でした。しかしこれも旅情というものなのでしょう。

続きを読む

群馬ツーリングの準備

旅行の準備いよいよ明後日の10日から1泊で群馬ツーリングに出掛けます。首都圏ツーリングプランの申し込みも済ませ、宿も予約済みです。

ちょっと前まで11日の天気は崩れるような予報でしたが、今では11日も雨は降らなさそうな予報になっています。日頃の行いのよさ、ですね。これなら11日は妙義山や榛名山、赤城山のいわゆる上毛三山を回れそうです。

バイクにはパニアケースを取り付けて積載性を確保し、着替えだけでなくレインコートやちょっとしたメンテ用品、土産物も詰め込めるようになりました。先日の富士山ツーリングではシート下に着替え等を押し込みましたが、荷物をかなり絞らざるを得ませんでした。しかしもうそんな心配はなくなりました。パニアケース万歳です。